無料ブログはココログ

ブログランキング

おいしいもの

2014年5月21日 (水)

大阪のおいしいお店②

さてさて、もう1軒、おいしいお店をご紹介。


       ジャファンス  ビストロ ワイン&日本酒

  大阪市北区芝田1-1-27  サセ梅田ビルB1階

        06-6372-7667  火曜定休


梅田駅から徒歩3分もないぐらいの抜群のロケーション。

なのに、ここへ来るまでに5~6回は道を尋ねてしまいました。

ただでさえ方向音痴なのに、大阪駅が新しくなってからというもの、

電車を降りた途端に 「ここはどこ?ワタシは誰?」 状態sweat02

何とか辿り着いたそこは、ちょっとした隠れ家のようなお店で、

入口の雰囲気からして、かなりワタシ好みっぽいhappy02


お店に入ると、とってもにこやかな笑顔でお出迎えheart04

ん・・・? 何だか見覚えのあるお顔。

もしや・・・と思い聞いてみると、

2年ほど前に、こちらの姉妹店さんでのフレンチと日本酒の会のため、

うちへ蔵見学に来られた方なのでしたhappy01


今では日本酒と洋食のマリアージュというのは、

そんなに珍しいことではなくなりましたが、

このジャファンスさんは、それを数十年も前からやっており、

その先駆け的存在だったようです。

それだけに美味しい。本っ当に美味しい。

富山生まれのくせに苦手だったホタルイカも、

お酒とのマジックもあってか、初めて心から美味しいと思えました。


定期的に日本酒やワインの会を開かれており、お酒も充実shine

しかもカウンターもあり、おひとり様OK!とのこと。


よし!次のプチ家出先、決まりcoldsweats01! 


downwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッとしてみて下さいねwink

2014年5月19日 (月)

大阪のおいしいお店①

子供を出産してからというもの、

数年に一度ぐらいしか行くことのなくなった大阪。

       (ワタシ、これでも一時期 大阪の茨木市民だったのですが・・・。)

そんな大阪ですが、最近ちょこちょこ行く機会があり、

おいしいお店でおいしい時間を過ごすことが出来ました。


            千喜千輝 (ちきちき)

          阪神野田駅 徒歩3分くらい

         06-6461-1110 日・祝休み


「千喜千輝」と書いて「ちきちき」と読みます。

野田駅を降り、昭和レトロな下町を少~し歩くと、

そのお店はありました。

外には、店主の方のお酒への熱い思い入れが書かれた看板が。

どきどきしながら中へ入ると、粋な和服姿のお姉さんがshine

この方が店主の通称ちきちき姉さん。

ご常連さんとのやりとりを聞いていると、まるで自分が

居酒屋めぐりの番組の中にでもいるかのような心地良い錯覚が。

お酒が進むおいしいお料理の数々。

お酒もお料理も主張しすぎず、とっても仲良く

身体にすーっと入ってきます。

うっとり、ほっこり、これがホントのマリアージュheart04

温度帯の違いによる飲み比べなんかも興味深かったですね。


あー、こんなお店が近くにあったらいいのに!

いやいや、通えないくらい遠い方がワタシにはいいのかも。

きっと通い詰めてしまっているわcoldsweats01


downwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッと覗いてみて下さいねhappy01

2013年11月24日 (日)

岩手直送 やわらかネギ

昨日、今日は「東海道ウォーク みちくさコンパス」。

だ~れも来なかったらどうしよう・・・とちょっと心配だったのですが、

なんのなんの、たっくさんの方がお越し下さいました。

ほとんどの方が湖南市、しかも近隣の方で、

これがホントの地域再発見eye

ワタシも少し 子供と廻ってみましたが、知らない所が結構多く

普段住んでいる所でありながら、とても新鮮に感じました。


ちなみにスタンプラリー ⑦ポイントのうちのスタンプ。

            かわいいheart04


さてさて先日、岩手の杜氏さんの奥様から大きな荷物が届きました。

中身はネギ!

毎年 杜氏さんのご友人の方が下さるこのおネギ、

とってもとっても甘くて柔らかくて美味しいのです。

名前はそのまんま、「やわらかネギ」というそうで。

見よう見まねで芋煮にしてみました。

メインは、お肉でも里芋でもなく、ネギ!

本場東北の芋煮はこんなもんではないかもしれませんが・・・。

杜氏さん蔵人さんのおかずの一品となりました。

おいしいおネギ、有難うございましたhappy01


upwardleft 日本酒ブログランキングに参加しています。

   良かったらポチッと覗いてみてね。


2013年11月17日 (日)

びわこの千松

や~っと行ってまいりました、「びわこの千松」さんへ。

滋賀へ来て十数年、何度もその大きな看板は目にするものの、

なかなか伺う機会に恵まれませんでした。

それが先週、地域の行事の関係で、ようやく実現したのです。


噂に聞いていた船盛!

想像以上の迫力です!


子供のお食事さえも大きな大きな船型で、

最初 とてもお子様ランチとは思えず、

ワタシのかと思ってしまった・・・coldsweats01


お酒も少し頂きましたよbottle

実はこちらの「千松酒」は、北島酒造のお酒。

美味しいお料理と一緒だと、お酒も一層美味しく感じます。

海の幸を思う存分楽しんで、お腹はもういっぱいdelicious

ごちそうさま~heart04


お風呂もとっても良いそうですよspa

滋賀県草津市、近江大橋からとっても目立つeyeあの建物です!

     


  「びわこの千松」 滋賀県草津市新浜町297-1

             TEL 0120-100-082

             http://www.senmatsu.co.jp/


upwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 いつも応援ありがとうございます。

 よろしければ今日もぽちっと覗いてみて下さいねhappy01

2013年2月13日 (水)

いのちのスープ

辰巳芳子さんの「いのちのスープ」をご存知ですか?

メインディッシュより何よりスープ(とデザートheart04)が好きなワタシは、

とても興味津々なのですが、

忙しさにかまけて、今だ本を読んでいませんsweat02

が、先日たまたまテレビの料理番組で発見!

作ってみましたよ。うろ覚えのまま、下調べもせずにcoldsweats01


材料は、

11月の末に杜氏さんのご友人が岩手から送って下さったネギ!

       ↑地に植えて、大事に大事に使っています。


これをボロボロ泣きながらweep、ボールいっぱいに刻んで、

オリーブオイルと和えて火にかけて、

後はひたすら混ぜる、混ぜる、混ぜる。

混ぜ役は、インフルエンザの学級閉鎖で

ラッキーheartとばかりに家でゴロゴロしていた次女。

しょうが汁とチキンブイヨンで軽く味付けして、こんな感じになりました。


テレビでチラッと見ただけのレシピなので、

どこか間違っているかもしれませんが、

何事も大雑把なワタシはそんなこと気にしな~いcoldsweats01

とってもいいにおいがしているので、これでOK!としよう。


早速その晩の杜氏さんの夕飯に使ってみました。

鶏団子と春雨のスープ煮。

(あとはキンピラともやしの中華和え。)

いつものスープ煮より、いいお味がしました(ような気がする)よhappy01


「いのちのスープ」・・・とっても良い響きがしますね。

お酒も同じ。

ウイスキーの語源のウシュクベーハや

ブランデーを表すオー・ド・ヴィーも「いのちの水」という意味なんですよ。

いのちのスープの後にいのちの水を。

いつもよりちょっぴり心 贅沢な夜でした。


upwardleft日本酒ブログランキング参加中!

 今日もぽちっとお願いいたします。

2012年1月24日 (火)

抹茶きなこ甘酒

 ←見た目は微妙ですが・・・。


大寒波襲来!!!

と言っても、こちらは今のところ全く降る気配無し。ホントに降るんやろか?

でも、最近のお天気予報、結構当たってるしなぁ。

寒さは木曜あたりがピークとか。

寒い日にはあったか~い甘酒が美味しいもの。

ということで、作ってみました、変り種甘酒を。

何のことはない。

いつもの甘酒に抹茶きなこを加えてみただけなのですが、

これがイケル。 かなり美味しい。

中途半端に余ってて、持て余していた抹茶きなこが大変身です。

お抹茶のせいか、いつもよりお砂糖も控えめでいけます。


先日見たある雑誌の酒粕料理のコーナーでは、

酒粕に牛乳を加えたり、小豆を混ぜたり、色んなことをしていました。

酒粕のアレンジって難しいもの、と思っていたけれど、

案外何とでも相性の合う、懐の深~いものなのかも。


また、定番粕汁もいつものお味噌(北島家は合わせ味噌派)ではなく、

塩麹で作ってみると、さらっと上品な京料理のような一品に仕上がります。

また先日の日曜には、ハズイ草津店さまで、「徳島フェア」ということで

さつまいも入りの粕汁を作らせて頂きましたが、これもまた合うもの。

この辺りではさつまいもではなく、里芋が一般的なので、

最初聞いた時は「さつまいも!?」と思ったものですが、いやいやいや。

さすが徳島鳴門金時! いや、酒粕ぱわー。


今、少しずつ少しずつですが、頑張って粕の袋詰めをしています。

どうぞ皆さまも、美味しい酒粕をお試しください。

2011年4月23日 (土)

塩麹(しおこうじ)なるもの

 ←仕込んで1週間目の塩麹

ちまたで人気の発酵食品の中でも

じわじわと注目度アップの塩麹(しおこうじ)。

昨年末、この塩麹なるものに初めて挑戦いたしました。

といっても、塩と麹をひたひたの水に浸け、

時々かき混ぜたり減った水を足したりしながら、2週間ほど寝かすだけ。

材料も手順もいたってシンプル。

色々分量を調べると、麹1キロに対し・・・などとかなり大容量で、

「麹分ーけてっ」と主人に頼んでみても、

「誰がお前なんかに貴重な麹をくれてやるかっ」

てな感じで全然分けてもらえない・・・bearing

いや、ウソですが、いや、ホント・・・、

ワタシなんかやと失敗する可能性高いし・・・sweat02

ということで見付けたレシピがこれ。


麹   200 グラム

塩    70 グラム

水    250 CC


本などにより分量は多少前後しますが、どれも大体こんな感じで

あまり神経質にならなくても良さそう。

何かのテレビで見たような

「おいし~い! 感動!」なんてほどの衝撃的な驚きは無いものの

まーるい感じの塩気がおいしいheart04

浅漬けや、お肉の漬け込みぐらいにしか使っていませんが、

一代目はキレイになくなり、現在二代目を仕込み中。

万能調味料 塩麹 ― ぜひ皆さんもお試しあれhappy02

次は味噌麹なるものにも挑戦です!

2011年4月21日 (木)

隠れ家で蕎麦屋酒

「蕎麦屋酒」という言葉を知ったのは、恥ずかしながら北島へ嫁いでからのこと。

お蕎麦というと、食堂(学生食堂や社員食堂)で気軽に食べるもの、とか、

神社仏閣の門前町などで食べるもの、というイメージがあり、

初めて聞いた時には、「お蕎麦と日本酒???」と思ったものです。


それが最近、「ああ、このお店で飲んだらきっと美味しいやろな」

というお店にめぐり合いました。

「北島」のお酒を、とある小売店さんでお買い求め頂いて

お店に置いて下さったのがご縁で知ったこのお蕎麦屋さん、

メモした住所を頼りに探すものの、これが見付からない wobbly

迷いに迷って人に道を尋ねること5回、それでも分からず結局最後は

お店に電話をして場所を教えて頂きました。(←スミマセン sweat02。)

こじんまりとした店内はとても清潔で凛として、

静けさの中、優しく流れるスタンダードジャズが心地良い・・・。


さて、注文したのは ざる蕎麦。

調理場の辺りから”しゃっしゃっ”、”カタコト”と

リズミカルに作業をする音が聞こえてきて

ワクワクと気持ちの良い緊張感が自ずと高まります。

出てきたお蕎麦は・・・

普段は温かい蕎麦派のワタシなのですが、これが美味しい!

細めの麺はとてもコシがあり、

のど越しを楽しむというのはこういうことなのかぁ、と感動 lovely

つゆも、甘すぎず辛すぎず、すっと身体になじむようでした。


ワタシはお蕎麦屋さんの世界は知らないけれど、

バーの世界なら少しは分かる(はず)。

ゆったりと自分と向き合える空間、

または気の置けない友達とほっこり語らえる空間。

このお店には、そんなバーカウンターにも通じる空気が流れていました。

京都に隠れ家と言われる名店は数あれど、

ここもその一つでは。

今度はリベンジ!

ちゃんと時間を取って、お酒を楽しみながら

粋にお蕎麦を手繰ってみたいと思わせるお店でした。

さて今夜の晩酌は

お蕎麦屋を気取って卵焼きでも焼いてみよっかな・・・。


蕎麦 三文銭(さんもんせん)

京都市東山区祇園町北側中末吉町347番地

(祇園会館北側の筋100m西入る 突き当たり南角)

(普通ならすぐに見付けられるはず・・・ワタシ、超方向音痴なのでsweat02

075-525-7101

定休日  毎週水曜日、第1第3火曜日

http://sanmonsen.exblog.jp/

2011年2月 7日 (月)

酒粕ケーキ

昨年の「ためしてガッテン」の放送以来、

定番の粕汁や甘酒以外の酒粕料理に目覚めまして、

色々試してみております。

主人は酒粕入りカレーを絶賛しておりましたが、

ワタシ的には、あっても無くてもいいかな、という感じだし、

子供には「普通のカレーやで。」と言って食べさせてみても、

違う何かを感じるらしく、あまり箸(いや、スプーン)が進みませんdown

酒粕メニューって、難しい・・・。

何かの代用に過ぎなかったり、風味付けの塩梅が微妙だったり・・・。

そこで、もっと酒粕そのものをどーんと主役にしたものを・・・と思って

あれこれ試してみたところ、

出来ました、美味しい酒粕ケーキが!


分量(18センチ丸型): 酒粕        100グラム

               クリームチーズ  100グラム

               グラニュー糖    80グラム

               卵           2個

               薄力粉        50グラム

               生クリーム     200CC

               レモン汁      大さじ1

               日本酒       大さじ2/1~1(好みで増減)


①全ての材料をミキサーまたはフードプロセッサーに入れ

 スイッチオン! で約5分。

②クッキングペーパーを敷いた型に入れ、

 180度のオーブンで

 40分~50分(オーブンの機種により加減)湯せん焼き。

 (湯せん焼きとは、お湯を張ったバットに型を入れて焼くことです。)


クリームチーズの代用としての酒粕ではなく、

クリームチーズによって濃厚さを引き出したしっとり美味しい酒粕けーき

ただし、その濃さゆえ、苦手に思われる方もあるかと思います。

また、お酒に弱い方はご注意を。

次は、先日頂いた岩手の「酒ケーキ」のような

ふんわりタイプにも挑戦してみたいなと考えています。


今年のお米は酒造りにはとても手強く、

「粕ばかりが出来て儲けにならへんwobbly。」と主人はぼやいておりますが、

どこの蔵も悪条件は同じ。

頑張っておいしいお酒を造っとくれcatface


只今、お求めやすい500グラムの小袋入り酒粕も発売中!

通常の板粕の他、大吟醸粕も最近ご用意できましたよ。

ぜひ、お試しくださいね wink

2011年1月31日 (月)

酒ケーキ

 ←洒落たデザインに主人も感心。


 ←中を開けるとこんな感じ。

                    焼印がちょっとずれてるのが、

                    「いかにも手作り!」でおいしそうheart04


先日、超多忙期真っ只中の涙の誕生日・・・の話を書いたら、

なんと!!!

杜氏さんの娘さんが「酒ケーキ」を送って下さいました。

感動です。ワタクシごときのために・・・。

ありがとうございますぅ、ぅ、ぅ happy02

ずーっと前にもちょろっと書きましたが、

ワタシ、お酒の濃い濃いスイーツ、大好きなんです。

以前からお話を伺っていた噂の「酒ケーキ」。

そのお味は・・・。

ふわふわ、しっとり。そして酒感もしっかり。

大満足です。

岩手出身の作家、高橋克彦さんのコメントにもあるように、

ちょうど良い具合に「お酒とカステラが仲良くして」います。

南部杜氏発祥の地、岩手は花巻、石鳥谷で生まれた「酒ケーキ」。

ワタシのお奨めの一つになりそうです。


     みちのく創彩菓子 「砂田屋」

     http://www.sunataya.co.jp/

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31