無料ブログはココログ

ブログランキング

お酒のこと

2015年7月 4日 (土)

BLUE STORM

あの「北島」シリーズに夏限定酒が出ました。

名前は・・・ナイショです。

うちらしからぬ、結構すごい名前です。


初めて口にした時の印象は、

なぜかパイナップル。

お米のお酒なのにパイナップルとは、これ如何に???

ワタシの舌がおかしいのか?


でもね、その後に飲んだ社長も、

「う~ん、パイナップル。

 そう言われてみると、頭からパイナップルが離れへん。」と。


はてさて、皆さまはどうお感じになられるでしょうか。


最近貼ってるラベルはこればっか。

頭の中をぐるぐるパイナップルが駆け巡りますcoldsweats01


「北島」シリーズは残念ながら、

蔵へお越し頂いてもお出し出来ないお酒です。

どうぞお近くの「北島」取扱店さまへGO!して下さいね。


downwardleft日本酒ぶろぐランキングに参加しています。

 ちょっとポチッと覗いてみてねnotes

2015年6月26日 (金)

がんばれ、 ざくるる!

あちこちから怒られるのを覚悟で言おう!

今、ワタシが最も飲んで頂きたいお酒は「ざくるるる」。

日本酒仕込みの梅酒をベースに作ったザクロのお酒です。


時々「本当に!?」と言われますが、

美しいルビー色も、芳(かぐわ)しい香りも、全て天然のもの。

カル○スの原液並みに・・・とまでは言いませんが、

ワタシの勝手な好みで、かなり濃く作ってあるため、

そのままストレートで・・・、と言うよりは、

オンザロックやソーダ割り、ジュース割りなど、

色々割ってお楽しみ頂けます。

低アルコールなお酒なので、もの足りない!という強者の方には、

ラムやブランデーと合わせて頂いても美味しいです♪。


・・・と、ここまで書きましたが、先日、久~しぶりに

某缶チューハイを飲んでみて思いました。

なんて軽いんでしょう。 なんて薄いんでしょう。

低アル低アルと言うけれど、

今の世の中に欲されているのは、缶を開けてすぐクイッと飲める

こういうお酒なのね、と今さらながらにショックdown


薄々感じてはいたけれど、

ワタシが今までに作ってきたものは

世の中の流れとは逆行していたのかもしれません。


水で薄めれば利益は上がります。

アルコール度数も程良く下がるでしょう。

でも、どうしても、素材に妥協はしたくなかった。

周囲に迎合したくなかった。

だから他のお蔵さんの日本酒リキュールに比べると、

うちのはとても濃い!けど、バランスには自信あり!です。

この、色々遊べる濃さは、飲食店さんにもおススメ。


そして素材がいいから、やたらに糖を使って飲みやすくしたりせず、

あえてザクロの大人な苦味も残しています。

○○法の関係で、「キレイになれる!」とか「身体にいい!」とか

明言することは出来ませんが、そんな事抜きに 純粋にお味で

心がリフレッシュされることを願って作りました。


前にも書いたことがありますが、ワタシがお酒に

興味を持ったきっかけは、ジャックローズというカクテル。

カルバドスというリンゴのブランデーにザクロのシロップと

ライム(又はレモン)を加えた美しいカクテルwineです。

このたった1杯でワタシの人生は大きく変わりました。

そうして流れ流れて、なぜか今こうやって滋賀の片田舎の

酒蔵におりますが、どなたかの、そんな素敵な1杯になれたらと、

日本酒でジャックローズを表現してみたかったのです。


お客様にうちのリキュール(梅酒類)を全種類試飲して頂くと、

大抵選ばれるのは「塩ゆず酒」。

ビンを開けた瞬間の超フレッシュな柚子の香りで、

もう負けちゃう・・・って、勝ち負けではないのですがsweat02

どちらも自分の作ったお酒なので、とってもカワイイのですが、

ちょっとザクロの新しい世界ものぞいて頂きたい。


どうです?何だか飲んでみたくなりませんか?

リキュールを邪道だなんて言わないで下さい。

うちは元々「日本酒一筋」の蔵です。

今後リキュールの種類を減らすことはあっても、

増やすことは恐らくもうありません。


北島酒造、最後のリキュール「ざくるるる」、

どうか おそばに置いて頂けると嬉しいですconfident


 

upwardleft日本酒ブログランキング、いつもポチッとありがとうhappy01

 なんでタイトルが「ざくるるる」ではなくて「ざくるる」かと言うとね、

 単にめんどくさいからですcoldsweats01

 うちでは 「梅るる」」「にごるる」「ざくるる」と呼んでま~すheart04

2015年5月10日 (日)

渡船 八割磨き

現在 蔵から出荷中の北島シリーズの中で

最も良く出ているものの一つが、

「きもと渡船 無濾過生原酒 八割磨き 26BY」。


毎年何らかの新しいことに挑戦している北島シリーズですが、

今年の「挑戦」は、この渡船 八割磨きなんだろうな、と

ワタシは勝手に思っています。

社長は相変わらず、寡黙で多くを語ってはくれないので・・・sweat02


ほら、これだけ他の北島ラベルとは違うでしょ?

醪日数だとか何だとか、マニアがにんまりするような情報が

細かく記載されています。


この仕込みの最中に、

「なんで80%なんですか???」と蔵の方に尋ねましたが、

「う~ん、社長の考えでしょう。」と ひと言。

精米歩合は高すぎても低すぎても扱いづらいんだそうで、

「これはこれで やりにくいっす。」と言われてしまいましたcoldsweats01


35%の大吟醸から80%の純米まで。

50%のもあれば、55%もあり。

この5%の違いって???


奥深すぎ・・・・・、精米歩合。


うちには昔から、「酒は男を磨く水」というお酒があり

これもまた、あまりお米を磨かずに仕込まれた純米酒です。

何でも、”米を磨かず男を磨け”という意味が込められているとか。


さて、今やお酒は男ばかりのものではない時代。

美味しいお酒を飲んで、男も女もどんどん磨かれていきましょう。


精米歩合については、

いつかもう少し掘り下げて書いてみたいと思います。


downwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければぽちっと覗いてみてみてねbleah

2015年4月18日 (土)

きもとラベルクイズです!

突然ですが、クイズです!

今年のきもとのラベルは微妙にどこかが違います。

さて、どこでしょう?


はいflair、いつもの右側のラインに模様が入っていますね。


さて、ここからが本題。

これは何の模様でしょう???


これが分かったアナタはすごい!

ワタシ、分かりませんでした。

・・・って言うか、普通分からないでしょう?と思うんですがsweat02


正解は、きもと造りのもと摺りで使う

もと摺り棒、裏の模様です。 あ~flair、なーるほど、・・・て?

どう? 当たりましたか?


先日の会での始めのあいさつでMさんも

「北島のお酒に付いていくのが大変。」とおっしゃいましたが、

それは裏方のワタシたちも同じで、

どんどん増殖する少量多品種のお酒に付いていくのに必死です。

そこで、少しでも分かりやすくカテゴライズするために、と

今後きもとのシリーズには、この模様を入れていくようです。


ちなみに、山田別誂えは、なんで梅模様か、って言うとね、

2月に出来たから梅、なんですってhappy01


さて、これで分かりやすくなりますかどうか。

来年また新しい模様が出来たりしてねsmile


upwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッとのぞいてみて下さいね。

2015年3月 7日 (土)

大吟醸 しずく酒

今年もとうとうこの季節がやってきました。

大吟醸のしぼりです。


この日はやはり、蔵の中がいつもと違う緊張感でいっぱい。


お邪魔にならないように、こそこそっと隠し撮り、

いえいえ、それでは全然撮れなかったので

上から横から撮ってきました。


O本さんが櫂入れをするタンクの下で

もろみを受ける杜氏さんとH本さん。


それをぶちょーさんが運んで

S田さんとK西で竹にくくり付けていきます。


こちらは完成図。

ぽたぽたとタンクの中を反響する美しい音。

この瞬間こそ大吟しぼりの醍醐味では。


斗ビンに収まったお酒たちは このまましばらく眠りに就き、

「大吟醸 斗ビン取り」として世に出るのはもっと先になります。


さあ、これからどんな風に成長してくれるのでしょうか。

その日を静かに待ちます・・・。


upwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッと応援よろしくお願いいたしますconfident

 

2015年2月 9日 (月)

次の嵐は・・・

今日は寒いっ、寒いですねぇsnow

風がほんっとに冷たく、久しぶりに下が凍っていました。


さて、2015年の「直」、いかがでしたでしょうか???

北島酒造内はまるで嵐が過ぎ去ったよう。

発送や店頭お渡しもボチボチと落ち着いてきました。

今は皆さまの感想にどきどきheart02しています。


次なる嵐は11日建国記念日のJRウォーキングさん。

今日よりは暖かくなっているといいなsunと思います。


どうぞめっぱい着込んでお越し下さいねwink


downwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッとのぞいてみて下さいね。

2014年12月21日 (日)

新酒 第2弾は・・・

新酒 第2弾、出ました!


御代栄からは 「純米吟醸 しぼりたて新酒」。

北島からは 「純米吟醸 美山錦」、

  「純米吟醸 美山錦 おりがらみ」。

シャープなキレと苦みがおいしいお酒です。

主張しすぎないので、お料理との相性も◎。


最近シャチョーがハマっているのが 「かんずり」。

新潟名産のとうがらしの発酵調味料です。

新潟に嫁いだ実妹からもらったのがきっかけなのですが、

これ、新潟県人はご飯からお味噌汁まで何にでも入れちゃうとか。

結構、辛いんですけど・・・。

シャチョーと違ってワタシはあんまり使わないんですが、

フレッシュな新酒と良く合いそうです♪。


次に生まれくるお酒は何でしょう?

どうぞお楽しみに・・・。


downwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッとのぞいてねheart04

2014年12月10日 (水)

新酒 はじめました。

新酒シーズン到来shine!です。

「御代栄」シリーズからは、

皆さまお待ちかねの「純米 みずかがみ」、

そして、ラベルの杉玉マークが目印の「あらばしり」。


「北島」シリーズからの第一番も、「純米みずかがみ 65%」。

「北島」シリーズのラベルには珍しく(?)、

いつもの縦ラインがとても爽やかな色調になっています。

「御代栄」のみずかがみと「北島」のみずかがみ

どう違うか、て言うと、

「御代栄」は加水火入れ、「北島」は生原酒、ということなんですねー。

どちらも みずかがみ らしい、”ぽてん”とした甘酸っぱさがあり

とっても美味しく出来ていますよheart04

シャチョーも仕上がりが気になって仕方が無いのか、

ビン詰め時に蔵を抜け出し現場をウロチョロうろちょろ。

なんとな~くこちらもヒヤヒヤしてしまいますsweat01


「北島」シリーズでは

「みずかがみ おりがらみ」という薄にごりもありますよ。

こちらもお取扱い酒販店様に、順次発送中!

どうぞ酒販店さまにお問い合わせ下さいね。


どうでもいい話ですが、

「みずかがみ おりがらみ」・・・3回続けて言ってみて下さい。

早口ことばみたいでしょ?

現場では、「みずかがみ おりがらみ、○ケース追加~!」

などと言う時に、

「みずがらみ」となったり、「おりかがみ」となったり、

結構、混乱してます。

ついでに言うと、

「あらばしり」も「あらしばり」、とかね。

現場ってほんっと寒いですよ。口の神経おかしくなるんですcoldsweats01


永らくご予約を頂戴していました酒粕も

ご予約順にぼちぼちと出荷が始まりました。

甘酒や粕汁が恋しい季節ですね。

あったかい粕汁とフレッシュなお酒で、

寒い冬を乗り切りましょう!


upwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッとのぞいてみて下さいねhappy01

2014年11月26日 (水)

みずかがみ争奪戦

「純米 みずかがみ」が完売しました。

後は26BYの新酒みずかがみを待つのみ。


在庫が残り○ケースというあたりから一気に予約が殺到し、

羽が生えたようにあちこちへお嫁入りしていきました。

有難いことですconfident


この「みずかがみ」は、滋賀県で昨年開発されたばかりの新しいお米。

地球温暖化にも負けず、

農薬の使用量を減らすなど琵琶湖や周辺環境にも配慮した、

                      ↑

  (ラベルのイラストは、お酒の滴だけでなく琵琶湖もイメージしているんですよ。)

安心・安全で美味しいお米です。

これは飯米(普段、私たちがご飯として食べるお米)です。

酒米ではありません。

にもかかわらず、この美味しさshine

軽すぎず重すぎず、柔らかい。

まぁるい感じのふくらみがあります。

ワタシ的にコメントすると、トンボ玉や吹きガラスのような、

手作り感のある可愛い丸さ。

   ・・・・・え? 余計、分かりにくいってcoldsweats01???


一般に、飯米と酒造好適米(その名の通り酒造りに適した米)とでは、

心白(お米の中心の白い部分)の大きさやたんぱく質の量など、

大きな違いがあります。

・・・が、日本晴のように、どちらにでも使えるお米がまれにあり、

このみずかがみもその一つなのでしょう。

いやぁ~、大発見eye


昨年が初年度だったため、製造量が少なく、

皆さまにはご迷惑をお掛けしておりますが、大丈夫です!

26BYはグッと増産体制でいきます。

12月中旬には出来上がる予定。

どうぞ皆さま、今しばらくお待ちくださいねheart04


upwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッとのぞいてみて下さいまし。

2014年10月27日 (月)

ざくるるる 七変化

しっかり濃ゆ~いお酒に仕上げた「ざくる・る・るwine」。

ストレートももちろんだけど、

オンザロックやソーダ割りがおススメ・・・と、

何とな~く無難なところcoldsweats01でご紹介していたのですが、

先日、ワタクシの師匠に相談しましたところ、

とってもおいしい飲み方を発見してくれましたflair


一番おいしかったのは、何にも加えずシンプルにシェイクするだけ、

だったのですが、そんなこと、あんまり家庭では出来ません。

そこで・・・・・、ブランデーを少し加えてリッチ&大人な味に。

                (ラム酒でもイケそうですshine。)

トニックウォーターやジンジャーエールで割ってさっぱりと。

意外にあっさり水割り、お湯割りもgood

ワタシが最も気に入ったのは、グレープフルーツジュース割り。

カクテル「楊貴妃」のざくろバージョン、てな感じでしょうか。

まだまだ色々出来そうですよhappy01


飲んで下さった皆さま、

他にも新しい発見などありましたら、

是非ご一報頂けますと嬉しいですheart04


downwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

 よろしければポチッとのぞいてみて下さいねwink

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31