無料ブログはココログ

ブログランキング

« 来週末は日本酒三昧! | トップページ | 酒を知る 酒を聞く »

2017年4月13日 (木)

物語のある純米吟醸「ぷくぶく」

北島酒造 御代栄から、久々の新商品のご案内です!

Fw:

その名は「ぷくぶく」。

最初が「ぷ」で後のは「ぶ」です。

ちょっと読みにくいかもしれませんが、何とも不思議な響きでしょ?

絵本作家のはやしますみ様が描いて下さった

ビンにぐるりと巻き付いた脱力系ナマズさんの絵が

のほほんとしてとても良い味を出しています。


かつて琵琶湖畔の水田は、ナマズやフナなど

たくさんの生きものを育む巨大なゆりかごでした。

10年前、以前の琵琶湖を取り戻そうと始まったのが

「魚のゆりかご水田プロジェクト」。

このプロジェクトは、環境や生きものに優しい米作りで、

先月には食の架け橋部門で農業大賞も受賞されました。

「ぷくぶく」は、

この「魚のゆりかご水田」で作られた山田錦を使用しており、

酒造り体験ツアーにより、田植えからお酒の仕上げまで、

東近江の栗見出在家(くりみでざいけ)の方々、

一般の日本酒ファンの方々と共に作り上げました。

まさに米を作る者、酒を醸す者、

そしてそれを飲む者とが一体となったお酒です。


やはりお米が違うためか、

今までの北島酒造の味とは少~し違うような気がします。

冷やはもちろん、燗でもロックでも

色んな飲み方でお楽しみ頂けます。


「ぷくぶく」は、稲の間を泳ぎ回る魚や虫たち、

そして蔵の中で発酵する酵母たちの息づかいを表現した音。

清らかな水、大地の恵み、生きる喜びを感じて頂けると幸いです。


純米吟醸「ぷくぶく」   720ml  1,700円(税別)

ぜひ飲んでみて下さいねconfident


こちらは今夜の桜。

蔵の前の桜並木から・・・cherryblossom

Fw:

« 来週末は日本酒三昧! | トップページ | 酒を知る 酒を聞く »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

おかげさまで早速購入いたしまして、賞味させてもらいました。舌に突き刺さる辛口のお酒。吟醸酒だけど淡麗に傾き過ぎず、おいしいお酒でした。米作りや酒造りの解説、栗見出在家の歴史なども詳細で、大変勉強になるお酒でした。

ナツツバキさま、いつも有難うございます。

沢山の沢山の人が関わって出来た「ぷくぶく」、
お気に召して頂けて誠に嬉しく思います。

そして何より、この可愛らしいラベル!
先日のエスサーフさまのきき酒会でも、
見た目のインパクトで「これ飲んでみたい!」
とおっしゃる方がとても多かったです。

どうぞ今後ともご愛飲の程、宜しくお願い申し上げます。

ご無沙汰しております。北島酒造さんの取材を何度かさせていただいた、まさぴょんです。この度、甲西駅前に開店した「一品料理・おばんざい みやび」を取材しました時に、ママさんが「ぷくぶく」をお勧めしてくださいました。記事はこちらです。「チェキポンポスト 新店」http://chekipon.com/archives/8407 よかったらご覧ください。今後も、貴社のご発展をお祈りしています。

何度も申し訳ありません。先程のコメントに添付したアドレスに不備がありましたので、再送いたします。http://chekipon.com/archives/8407

まさぴょんさん、ご無沙汰しております。

美しいママさんですね~。
開店数日前に当蔵へお越しになって
お酒を選んでいかれました。

徒歩圏内で、ふらっと飲みに行ける素敵なお店・・・。
私も一度行ってみたいと思います。
お酒とママさんの2ショットもとても嬉しいですね。
有難うございました。

早速のお返事ありがとうございます。
取材先で、思いがけず北島酒造さんのお酒に出会えてうれしくなって、メールしました。
これからも地元湖南市のいいところを発信していきたいと思います。
お店にもぜひ行ってみてくださいね。

まさぴょんさん、有難うございます。

近いうちにこっそりお邪魔してみたいと思っています。

まだまだいっぱいありそな湖南市のいいところ。
期待しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来週末は日本酒三昧! | トップページ | 酒を知る 酒を聞く »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30