無料ブログはココログ

ブログランキング

« 空飛ぶタンク その2 | トップページ | 焼きトン 来てトン »

2013年7月17日 (水)

空飛ぶタンク その3

巨大タンクを全て撤去し、

外に出した小タンクをまた一つずつ一つずつ蔵の中へ。

テープの逆戻しのような地道な作業。

蔵はすっきりとこのようになりました。


こちらは新蔵なので、

昨年改修した、築100年以上の木造蔵とはまた違った趣きです。


工事期間は異常なほどの猛暑が続いたり、大雨が降ったり、

本当に大変だったことと思います。

外は35度を超える暑さやのに、

蔵の中は数十分もいると寒くなってくるほど冷え冷え。

そんな蔵の中と外を行ったり来たり、

身体がおかしくなりそうな過酷な環境で頑張って下さった業者の皆さま、

本当に有難うございました。

工事が無事に終わってほっとしています。


これで造りの作業効率もぐんっ!と上がるはず。

小仕込み化で、今までよりも丁寧に丁寧に醸していきます。

来年度の酒造予定を立てるのも、もう間もなく。

どうぞご期待くださいませ。


upwardleft日本酒ブログランキング参加中!

 宜しければぽちっと覗いてみてくださいねhappy01

« 空飛ぶタンク その2 | トップページ | 焼きトン 来てトン »

蔵の大改修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空飛ぶタンク その2 | トップページ | 焼きトン 来てトン »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31