無料ブログはココログ

ブログランキング

« 第6回 滋賀 地酒の祭典 | トップページ | とまと~!!! »

2012年8月18日 (土)

生まれ変わる蔵 その4

皆さま、お盆はいかが過されましたか?

ワタシは富山の実家へ帰省し、

中学校時代のブラスバンド部noteの同窓会に出席してきました。

なんと、25年ぶりの再会! 四半世紀だ~。 

みんな全然変わらずで、とても楽しい時間を過ごせました。

・・・にしても、昔は

「大人っぽくなったね。」と言われたくて仕方が無かったのに

今は、「変わらないね。」が褒め言葉になるなんて。

歳を取ったな、と改めて実感coldsweats02

が、どの先輩もお肌ツヤツヤぷるぷるshineで、

生き生きしてて、とっても前向き。

変わらず音楽を続けていたり、

新たにマラソンや登山などにも挑戦されていたり・・・。

後ろ向きなのはワタシだけ・・・、かもsweat02

反省、反省。

こういう刺戟は大切ですね。

ちなみにワタシが吹いてた楽器は、ピッコロ。

「体の大きさにピッタリね。」とよく言われますcoldsweats01


さて、蔵の改修 その後です。



ちょっと見にくいのですが、

これは蔵の床の部分。

少し宙に浮いているのが分かりますか?

嵩上げ(かさあげ)というそうです。


近付いてみると、こんな感じ。


       ↓



この蔵の現状と、未来と、

ありとあらゆる事を計算して、

ゆっくりゆっくり、

この積み木のような物を1本ずつ1本ずつ挟み、

一台で20トン持ち上げるという油圧ジャッキを12台使って

この状態になりました。

ということは・・・何トン?

計算してみてください。


お話を聞かせてくださったこの道28年という大工さん、

この嵩上げは人生で3度目だそう。

前の2回は、神社の修繕だったそうで、

他に重要文化財などでもされることがあるそうです。

「頭も使うし、体も使うし、大変でしょう。」と言ったら、

「そりゃー、新しく建てた方が簡単で早いっスよ。

けどね、この方がやりがいがあるんっスよ。」と

瞳をキラキラッshineと輝かせて答えてくれました。

職人さんってカッコいいheart04


続きはその5へ。


upwardleft日本酒ブログランキングに参加しています。

いつもぽちっと1票、本当に有難うございますhappy01

« 第6回 滋賀 地酒の祭典 | トップページ | とまと~!!! »

蔵の大改修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第6回 滋賀 地酒の祭典 | トップページ | とまと~!!! »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31