無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

新酒蔵出し賞味会

今日は2月29日。

そう、いつもより一日多いんですよねぇcatface

次女は今朝、「一日多く学校行かなあかんなんて最悪や~。」と

ブツクサ言いながら学校へ行きました。 

なんてヤツだ。 まだ一年生やのに・・・sweat02


さて、明日からもう3月。

続々と新酒が出来てきて、続々とイベントが入ってきます。

先日も、「うわ~、3月ほとんど予定で埋まってしもたsweat01。」と

主人がカレンダーとにらめっこしておりました。

亭主元気で留守がいい、なんてcoldsweats01

出来たての美味しいお酒を一人でも多くの方に飲んで頂けるように、ね。

がんばれ、がんばれrun

ということで、3月25日(日曜日)です。


        新酒蔵出し賞味会

大津プリンスホテル コンベンションホール淡海にて

午後6時~8時30分 (受付は午後5時より)

1名様 10,000円 (お料理、日本酒、税・サ込み)


きき酒クイズあり   素敵な商品が当たるかも!?

協賛蔵元はなんと20!  うちの他にも・・・

上原酒造さん、喜多酒造さん、竹内酒造さん、冨田酒造さん、

川島酒造さん、畑酒造さん、多賀さん、福井弥平商店さん、

藤本酒造さん、浪乃音酒造さん、松瀬酒造さん、美冨久酒造さん、

望月酒造さん、矢尾酒造さん、増本酒造場さん、近江酒造さん、

岡村本家さん、吉田酒造さん  が勢ぞろい!です。

お酒を飲む会ですので、宿泊プランもあります。

詳しくは 大津プリンスホテルさんまで  077-521-1111


先日の大阪のカルチャー講座では、

「ブログを見て・・・」というお客様がいらっしゃったそうです。

とーっても嬉しいです。 ありがとうございます。

この会も是非多くの方にご来場賜りますよう、お願い申し上げますconfident

2012年2月25日 (土)

3月の試飲販売のご案内

暖かくなったり、寒くなったり・・・。

着実に春に向かっている証拠かな。


さて、3月の試飲販売のご案内です。

3月1日(木)~7日(水)    近鉄百貨店 上本町店

3月14日(水)~20日(火)  阪急百貨店 西宮店

3月21日(水)~27日(火)  阪急百貨店 梅田本店

3月31日(土)~4月1日(日) 近鉄百貨店 草津店

出会いと別れの季節、春cherryblossom

そんな大切な集まりには是非、御代栄をおそばに置いてくださりませheart04

お待ち申し上げております。

2012年2月21日 (火)

山田錦35% 袋しぼり

とうとうこの季節になってきました。

大吟醸の袋しぼりです。

前日からどこかソワソワしていたセンム。

さてさてその様子は・・・


二人がかりでモロミを袋に詰め、


一つずつしっかりと括りつけていきます。

かなり重そう・・・。

Fw:


ちょっと照れ笑い(?)の蔵人MさんとKさん。

タンクの中から

まるで水琴窟のような美しい音色が響き渡ります。

そう、お酒の滴り落ちる音shine

ああ、皆さんにもお聞かせしたい。

それがお酒だからか、タンクで反響するからか、

店内の水琴窟よりも数十倍も数百倍も美しく聞こえます。


杜氏さんが「出し呑み」を取り付けます。

栓をひねると・・・


溜まっていた分が勢い良く流れ出てきました。

強い強い生命力を持った勢いです。

しかし次第にその勢いは弱まり、

静かにさらさらさら・・・と流れていきます。

別名「雫酒」。

タンクの中でぽたぽたぽた・・・と、

お酒がゆっくり滴り落ちているのです。


昨晩早速このお酒をきき酒させて頂きました。(役得、役得heart04。)

強くて柔らかくてキレイなお酒。

特筆すべきは舌の上を流れる時の絹のような滑らかさ、軽やかさ。

普段板チョコを食べていたのが、

初めて生チョコを食べた時のような感触です。(こんな表現有りかしらcoldsweats01?)

センムも満足気に「よし!」といった感じで口に含んでいます。

お酒たちは、これから斗ビンでしばらく寝かされます。

これからの変身もまた楽しみです。

2012年2月13日 (月)

電車DEぐる~っと琵琶湖・滋賀 で蔵めぐり

「ぐる~っとびわこ キャンペーン」をご存知ですか?

2月11日は建国記念の日。

通常はお休みを頂いている祝日ですが、

このキャンペーンの一環の「冬の酒蔵めぐり」で、

たくさんのお客様にお越し頂くことができました。

私の横には普段あまり表に出ることの無い部長さん。

蔵の仕事を終わらせて駆けつけてくれました。

皆総出でバタバタバタバタ・・・dash

ちょっと落ち着いた時にやっとパチリと一枚。


「こなんマルシェ」さん(http://www.iwane-web.jp/konan-marche/)も

テントを張って出張販売。

こんなことは私がお嫁に来て以来初めて。

何だかお祭りのようです。

今、湖南市特産品として力を入れている

「弥平とうがらし」を使った商品がいっぱい。

結構しっかり、ぴりりと効いてます。


普段お出ししていない生原酒も登場。

こなんマルシェさんが、「え~、手で貼るもんなん?」

と驚いておられましたが、地道に一枚一枚のりで手貼りしていきます。

そして酒粕。

当たり前ですが酒粕は、お酒が搾られないと出来ません。

今ちょうどその谷間で、しばらく粕が切れていたもので、

粕が出来るのを待ちかねて待ちかねて、

「それ出来たっdash。」とばかりに袋詰め。


小さなお子様連れからお年を召した方まで、本当に様々のお客様。

遠くは大阪や神戸からお越しの方もtrain

程度の大小こそあれ、ほんのちょっとでも日本酒に興味をお持ちの方が

こんなにもいらっしゃるんだな、と改めて感動happy02

「冬の寒空の下、あんな蔵に行ったことがあったな~。」と

記憶の片隅に留めて頂けると嬉しいです。

慣れないことで、行き届かないこともあったかと思いますが、

お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。


全てが終わり、静まり返った北島酒造。

北島家三人娘の胸にきらりと光るは・・・
 ←疲れて寝てしまった末娘

こにゃんバッジ!!!

「こなんマルシェ」にて絶賛発売中。

うちの飴ちゃんと酒粕も置かせて頂いてます。

こちらもよろしくねheart04

2012年2月 9日 (木)

先生っ!

いっつも申しておりますが、うちのセンムは口ベタ bearing

が、そんなセンムが、

なんとカルチャーセンターの講師を務めることとなりました。

教室の案内から抜粋させて頂きますと・・・


   「数ある酒造が実に様々な種類の酒を造る中、

   そのひとつひとつを吟味するという機会は中々持てないものです。

   講座では、毎月違う酒造がそれぞれの造る酒を紹介し、

   肴とともに和気あいあいと楽しみます。」


  2月25日(土曜日) 15:30~17:00

  博多女(はかため)にて

     大阪市北区堂島1-1-24 GOTS 5 1階

            JR東西線「北新地」東改札徒歩10分

            地下鉄・京阪「淀屋橋」7番出口徒歩7分


1月から3月までの3カ月間、月に一度の開催の全3回予定で、

今回はその第2回となります。

(ちなみに第1回は美富久酒造さん、第3回は平井商店さんです。)

1回の受講料は3,900円(飲食代含む)

興味がおありの方は、是非!


   朝日カルチャーセンター

   朝日JTB・文化交流塾

      大阪市北区中之島3-2-4 毎日新聞ビル5階

      06-6222-5222

2012年2月 8日 (水)

地酒を楽しむ会

久しぶりの日本酒イベントのご案内です。

”地酒を楽しむ会”

2月24日 金曜日

琵琶湖ホテルにて

受付 18:00~  開場 18:30~

会費 10,000円(お食事、お飲物、税サ込み)

お問い合わせは 077-524-1226まで

うちの他にも、

道灌さん、 浅茅生さん、 香の泉さん

笑四季さん、 富鶴さん、 喜楽長さん、 萩乃露さんが来られます。

限定酒多数あり、とのこと。

おいしい和食とお酒のマリアージュをぜひお楽しみください。

2012年2月 7日 (火)

直 2012

もう、お飲みになられましたか? 今年の「直」。

おかげ様で予想以上のご注文を頂くことができ、深く深く感謝しております。

お味はいかがでしたか?

個人的には、ちょうど味が乗っていて、

力のある美味しいお酒になったのでは、と思っています。

シュワシュワとしたガス感はそれほど感じられませんが、

舌の上にピチピチとした感触がいつまでも心地良く残ります。

フレッシュでパンチがあり、余韻もしっかり。

日を決めての完全受注生産なので、その日に向けて

しぼりのタイミングを合わせるのは、とても難しいようです。

が、今年はばっちり。主人も納得の出来のようです。

「酒米は?」とか、「酵母は?」とか、色々聞いてみたのですが

その年毎に変えたりするので非公表とのこと (←ケチ!)。

小難しいことに囚われないで、

年に一度のこの日のために造られたお酒を

五感で素直におおらかに楽しんで頂けたら、ということなのでしょう。

店頭お渡しのお客様の分がまだ幾らか残っていますが、

なくなれば今年の「直」もこれで終わり。 また来年です。

来年の「直」も、どうぞどうぞよろしゅうに・・・confident

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31