無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

2月の試飲販売のご案内

寒い寒い日が続きますが、それでも暦は確実に進み

もうすぐ立春。

春よ来い、来い来い来いcherryblossom

さて、2月の試飲販売のご案内です。

2月2日(木)~8日(水)   近鉄百貨店 阿倍野店さま

2月8日(水)~14日(火)  阪急百貨店 千里店さま

2月16日(木)~22日(水) 近鉄百貨店 奈良店さま

2月24日(金)~26日(日) 京阪百貨店 守口店さま

節分に「甲賀流 鬼ころし」はいかがですか?

バレンタインに「酒は男を磨く水」はいかがですか?

ちょこっとプレゼントに「ひとりじめ」も。

お近くへお越しの際は、ぜひお試し下さいませheart01

2012年1月24日 (火)

抹茶きなこ甘酒

 ←見た目は微妙ですが・・・。


大寒波襲来!!!

と言っても、こちらは今のところ全く降る気配無し。ホントに降るんやろか?

でも、最近のお天気予報、結構当たってるしなぁ。

寒さは木曜あたりがピークとか。

寒い日にはあったか~い甘酒が美味しいもの。

ということで、作ってみました、変り種甘酒を。

何のことはない。

いつもの甘酒に抹茶きなこを加えてみただけなのですが、

これがイケル。 かなり美味しい。

中途半端に余ってて、持て余していた抹茶きなこが大変身です。

お抹茶のせいか、いつもよりお砂糖も控えめでいけます。


先日見たある雑誌の酒粕料理のコーナーでは、

酒粕に牛乳を加えたり、小豆を混ぜたり、色んなことをしていました。

酒粕のアレンジって難しいもの、と思っていたけれど、

案外何とでも相性の合う、懐の深~いものなのかも。


また、定番粕汁もいつものお味噌(北島家は合わせ味噌派)ではなく、

塩麹で作ってみると、さらっと上品な京料理のような一品に仕上がります。

また先日の日曜には、ハズイ草津店さまで、「徳島フェア」ということで

さつまいも入りの粕汁を作らせて頂きましたが、これもまた合うもの。

この辺りではさつまいもではなく、里芋が一般的なので、

最初聞いた時は「さつまいも!?」と思ったものですが、いやいやいや。

さすが徳島鳴門金時! いや、酒粕ぱわー。


今、少しずつ少しずつですが、頑張って粕の袋詰めをしています。

どうぞ皆さまも、美味しい酒粕をお試しください。

2012年1月20日 (金)

生酛(きもと)造り

遅くなってしまいましたsweat01

先日の生酛(きもと)造りの様子です。

Fw:Re:

こちらは酛摺り前の状態。

Fw:Re:

そしてこちらは酛摺り後。

写真じゃちょっと分かりにくいですね。 ごめんなさいsweat02

Fw:Re:

こちらは杜氏さんと部長さん。

Fw:Re:

一桶に二人ずつ櫂(かい)を入れていきます。

Fw:Re:

すり潰した後、蔵人Mさんがさらに手で混ぜ合わせて、

すり潰しのムラをなくし、温度を均一にしていきます。

流れ作業で・・・↓

Fw:Re:

こんな感じです。


この酛摺りの前の晩、というか夜中、

センムが、「う~、さぶっ。」と言いながら家に帰ってきました。

というのは、

Fw:Re: ← 室温2度の蔵の中で・・・


Fw:Re: 

酛摺り前の蒸米、麹、水を混ぜ合わせたものを

混ぜ合わせる作業を独りでしていたとのこと。

これも外気温などの影響を考慮し、

温度を均一にするための作業で、酛立てというそうです。


この生酛の仕込みには、

日頃お世話になっている小売店さんもお手伝いに来て下さいました。

生酛に興味を持って頂けたこと、

また、北島酒造に興味を持って頂けたこと、本当に嬉しく思います。

ありがとうございましたconfident

さて、出来上がりや如何に!?


うちの「生酛造り」・・・詳しくは、

箕浦淳一先生の「吟醸巡礼Ⅱ」(㈱矢谷印刷所)に載ってますheart04

ちょっと宣伝でした。 機会がありましたらこちらもご覧下さいねhappy01

2012年1月14日 (土)

今日は何の日?

今日は獅子舞の日。

お店の前だけでなく、蔵の中でも舞って頂いて

杜氏さんや蔵人さんも、

無病息災を祈って獅子に頭を噛んで(噛むフリをして)もらいます。

もちろんセンムも噛んでもらいましたよ。

”賢くなりますよーに。”ってね。

その後は地域のどんど焼き。

御供えしてあるのは、うちの「高級仕込」。

「金紋」と並んで、ご近所さんの定番酒です。

燃え盛る炎の前での舞い。

この天狗の面に末娘は大泣きしてしまいましたcrying

炎の中では、お札だったり書初めだったりが燃えているのですが、

うちの古い杉玉も一緒に御供えして燃やしてもらいました。

杜氏さん手作りの杉玉・・・、

ちょっともったいない気もするのですが、

また今年も美味しいお酒ができますように、と祈って。

お神楽のクライマックスはこんな感じ。

”イナバウアー”みたいなこともされてたりして、拍手喝采!

実家の富山の獅子舞は、

小学生や中学生の踊り子がぴょんぴょん跳ね回り、

曲調もとても勇壮なのですが、

この伊勢神楽は、とても上品で荘厳な感じで、これもまた良し。

そしてそして今日は、

きもと造り、2回目の酛摺り(もとすり)の日。

いつもはお酒がいっぱい貯蔵してある冷蔵蔵が、

上のようにキレイに片付けられ

(写真は片付け途中なので、まだちょっと残ってますが)、

きもと造り特設会場となります。

きもと造り・・・、見たいですよね~eye。 お酒好きなお方なら尚更に。

禁断の(←ウソです)酛摺りの様子は、近日公開ですhappy01

2012年1月10日 (火)

祝 成人! で ひとりごと

昨日は「成人の日」。

(おかげで小学校は、いつもよりちょっと長い冬休み。)

さあ、皆さん、堂々とお酒が飲めますよwine

どうですか? 飲みますかbottle

と言っても、若者がお酒を飲まなくなったと言われて久しい昨今、

「これで飲めるぞ!」と喜ぶ人も少なくなったのかもdown

                       ワタシは嬉しかったけどなぁcoldsweats01

この新成人が生まれたのは、

ソビエト崩壊の年だとニュースで言っていました。

流行っていた歌は「SAY YES」 や 「ラブ ストーリーは突然に」。

なんかもう、年代を感じすぎて、

「へ~、そうお? そうなんcatface?」としか言いようがない。

ワタシも歳取ったなぁsweat02

ちなみにこの年、ワタシはアメリカ留学中。

子供の頃からの夢を胸に、日々奮闘している頃でした。

まさかその20年後に滋賀にいるなんて、思いもしなかったゎ・・・。

そうかぁ、ワタシの好きな早乙女太一くんをはじめ、

今の二十歳はこの時に生まれてきたんやなぁ、としみじみ。

お酒の効果や魅力が見直され、

「飲みニケーション」なるものが復活しつつあった矢先に起きた震災。

お酒なんて飲んでる場合じゃ・・・という風潮もありましたが、

「こんな時だからこそ、北島さんちのお酒が飲みたくて・・・」という、

東北のお客様からの嬉しいお電話もありました。

さぁ、新成人たちよ!

適量を守って上手に飲めば、

こんなに楽しく、美味しいものはありません。

(身体的に合わない方は、ノンアルでもOK.。)

ワタシの師匠は、「お酒は神様に一番近い飲み物」と

いつもおっしゃっていました。

この美味しさに少しでも気付いてもらえたら、

きっと何か、新しい世界に目覚められるはず。

ぱわーあっぷ間違いなし!!

で、少しでも日本に活力が蘇ったら・・・、なんて思った一日でした。

                          オチがなくてごめんなさい。

2012年1月 9日 (月)

一年に一度の特別酒

一年に一度のこの日が近付いてきました。

「直 ―ちょく―」の販売のご案内です。

直(ちょく)に詰め、直(ちょく)にお届けし、

直(ちょく)に飲んで頂きたい。

そんな思いから生まれた、この一日だけの特別限定酒。

別名「しぼったその日の一番酒」。

完全受注生産のため、ご希望の方はご予約をお願いいたします。

720ml 1,500円

1月31日(火)ご予約締め切り

2月4日(土) 店頭お渡し 又は 発送 となります。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2012年1月 5日 (木)

さむっっっ

昨日の朝は青空でした。

ええ、それはもう きれいな。

が、お昼過ぎにはこの通り。

天気予報って当たるもんだねぇ。

久々に積もりました。

寒~い日の寒~い蔵の中では・・・

酒母をライトで優しく温めています。

お酒も生き物。

やっぱり寒いとか暑いとか思うのかなぁ。

大晦日もお正月も関係なく、

お酒たちのそんな声に耳を傾け、

そっと手助けするのが蔵人さん達のお仕事。

仕込みはこれからまたまたピークに入ります。

美味しいお酒にな~れ。

2012年1月 4日 (水)

謹賀新年

fuji あけまして おめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


これは今年のお年賀状。

またまた大阪応援団のしんちゃん様に描いて頂きました。

昨年の、うさぎの宝船もとても気に入っていたのですが

(大きく引き伸ばして、一年間我が家に飾ってありました。)、

今年の龍も本当にいいですね。自分の会社の年賀状ながら・・・。

ちょっと「日本昔ばなし」の冒頭を思い起こさせます。

ちなみに、赤ちゃんを抱いて尻尾に乗っているのがおそらくワタシ。

かわいく描いて下さってちょっぴり照れくさい、けど嬉しい。

先頭はセンムですね。

後は・・・皆さんのご想像におまかせします。


今日は仕事初め。

今年一番に仕上げに入らせてもらったのは「春」の酒。

”こいつぁ 春から縁起がいいや” てな感じ(←ってどんな感じ?)で

気分もはんなり。

この2012年が、

どうか皆々さまにとって素晴らしい一年となりますように・・・。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31