無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月27日 (木)

神様の女房

観られましたか? 「神様の女房」。

少し前にNHKでやっていたドラマです。

松下幸之助さんと、その奥さんのむめのさんの歩みを

お二人の執事であった方が書かれたものだそうです。

全3回だったのですが、いつになくハマって観ていた主人。

「いや~、テレビの話だってのは分かってるけどぉ、

こんな嫁さんいたらいいよなぁheart04。」とは、主人の感想。

そりゃあ、あんなキレイ(常盤貴子さん)で賢くて、

何でも出来て、何があってもどーんと構えて大きく見守って、

愛情と情熱に満ち満ちた女性なんて、

理想の妻像、母像、女性像を超えて、それこそ神様じゃん。

それならワタシだって言いたいよ。

「あんなダンナさんが欲しいわheart01。」て。

大体さぁ、松下幸之助さんは、とっても几帳面やったんでしょ?

ちょっとは見習ってさぁ、もっと片付けたらどうなんよ。

蔵だけキレイにしたってさぁ、机がこんだけ散らかってたら品性疑うよ?

ぶつぶつぶつぶつ・・・。


さしずめワタシは「センムの女房」。

これじゃ話にもならないか。

なら、女房じゃなくて「変人の亭主」なんてどう?

え? おもしろくない? だよねぇcatface

NHKさん、「杜氏の女房」なんてどうですか?

半年もの造りの間、実りの秋も、寒ーい冬も、

杜氏の留守を女手一つで守るんですから、

これはすごいと思います。


常盤貴子さんって、

ちょっと前にも岡本太郎さんの妻(養女)役とかされてましたよね。

ずっと前には、ラストエンペラーだったか、

その弟だったかの妻役もしてたような・・・。

世の男性は、献身的で、強く清く逞しい、

そういう妻を求めているのでしょうか。

ワタシにゃ無理だなあ (ため息)。

2011年10月25日 (火)

おコメの国の人だもの

最近ようやく自分で食べるようになった末娘。

しか~し! 汚し方がハンパない。

上の子の時もそうだったので、

ある程度覚悟はしていたものの、それにしてもひどい・・・。

特にご飯 riceball の時は。

テーブルにはもちろん、

ひと粒ひと粒が、体中にまんべんなく貼り付いて、

これがなかなか取れない。

エプロンしようが、マットを敷こうが、ほとんど意味なし。

sign04、 パンの方がまだ片付けが楽なんやけどsad

しょーがないか、おコメの国の人だもの。

なんか昔、ありましたよね。 そんなコマーシャル。

あれ? ご飯の国の人だっけか?


主人も杜氏さんもやっぱりおコメの国の人。

杜氏さんは三度の食事はご飯の方。

主人も普段は朝パン派なのですが、

仕込みが始まると「力が出ない」と言って朝ゴハン派になります。

また、ご飯たくさん炊かなくちゃね。


杜氏さんの家のお掃除、部屋オッケー。

              窓拭きオッケー。(次の日雨に降られたけどdown。)

              お風呂オッケー。

後は、トイレと、廊下と、玄関と、ええと、ええと・・・sweat01

毎回押し入れを拭いた後に新聞紙を敷くのですが、

去年のを剥がすと、日付けは2010年10月21日。

不思議と大体いつもこのぐらいの日よね。

この時にはまだ、大地震なんて思いもしてなかったよなぁ。


以前は毎年クリーニングに出していた寝具は、

数年前からはじゃぶじゃぶ洗濯機洗い。

これも経費削減・・・、ゴメンなさい。

でも造りの方は経費削減無し、のはず coldsweats01

ご飯もお酒もお米から。日本人のDNAはお米抜きには語れない?!

美味しいおコメを食べて、美味しいお酒、造ってくださいね。

2011年10月21日 (金)

秋です

秋です。

とうとう始まりでした。

センム撮影の、初蒸しの様子です。

Fw:


秋です。

お祭りや結婚式、

おめでたい行事の多い季節です。

鏡開きに使用される樽がよく動きます。

熱湯消毒のお湯抜き中。

「こんなとこ撮るんけ~?」 と、ちょっと照れる部長さん。

ワタシ 「顔は撮らないのでご心配なく。」


『御代栄(みよさかえ)』と本当は読むのですが

(昔は「みよざかえ」と濁音だったそうです。)、

『御代栄(ごだいさかえる)』とも読めるので、

とーっても縁起が良いのです、うちの名前。

皆々様のご多幸と繁栄を願って、よーい、パン(一本締め)paper

2011年10月17日 (月)

初洗い

昨日行なわれました、「滋賀 地酒の祭典」。

本年も多くの方々にご来場賜り、

誠にありがとうございました。

深く深く、御礼申し上げます。


ひと段落ついたところで蔵内では・・・、

先日入った酒米を、本日初洗いします。

どこまでが企業秘密(?)なのかよく分からないので

あまり言えませんが、

今年の仕込みも、ある「初挑戦」があります。

どんなお酒になるのか今から楽しみ。

どうかどうか美味しいお酒ができますように・・・。

2011年10月15日 (土)

第5回 滋賀 地酒の祭典

 ←末娘とお散歩中にパシャリ。

いよいよ明日です。

「第5回 滋賀 地酒の祭典」!

先月18日に行なわれた、利き酒会の結果や如何に!?

出品酒を決めるまでは、

「うーん、毎年の人気の傾向は香り系やねんな~。」とか、

「やっぱ甘いのがいいかな~。」とか、センムは色々迷っています。

「ごちゃごちゃ言わんと、それならそんなお酒を出したらええやん。」と、

ついワタシは言ってしまうのですが、すると

「その頃にはもうそのお酒の在庫がない。」だの、

「いや、やっぱここは自分の好きな酒で勝負してみたい。」だの、

ぶつぶつぶつぶつ・・・・・。

えーい! 言い訳にしか聞こえまへんがgawk

まあ、蔵には蔵の事情もあるようで。

あとは明日のお楽しみ。

事前登録をどうぞお忘れなくhappy01

10月16日 日曜日 13時~17時

大津プリンスホテル 2階コンベンションホール

入場料  事前登録1,000円  当日券1,200円

事前登録等、詳しくは → http://www.shiga-jizake.net/

2011年10月12日 (水)

蔵もデジタルの波?

先日の爽やかな秋晴れの日、

ぼちぼちと杜氏さんのお部屋の準備にかかり始めました。

まずは布団を干しに蔵の屋上へ。

蔵の作りがややこしく、階段を昇って降りてが、普通の2倍かかります。

これでもワタシには結構な運動。

うーん、スポーツの秋。(←どこが?)

屋上に上ると、空はどこまでも澄み切って、とってもいい気持ち。

うん? でも何かが違うぞ。 今までと。

屋上のあっちこっちに線が張り巡らされています。

もしや・・・地デジ?

そう、ぎりっぎりの日にうちもとうとう電気工事をしてもらい

地デジの仲間入りを果たしたのですが、

それがこれ。

ちょっと興醒めな気もしますが仕方が無い。

なんてサボってないで、さてさて、お掃除がんばろ。

2011年10月11日 (火)

初! 大津祭り

金木犀香る風の中、コスモスが優しく頭を揺らしています。

なんて優雅にしていられるのも束の間、

・・・っくしょん!!

くしゃみが出てきます。

そう、ワタシは秋の花粉症。

今でこそ大分マシですが、もう、目がかゆくてかゆくて。

さて、それはさておき、行ってまいりました、大津祭り!

 ←2階を繋げて

                                   準備しはるんですね。

                                      すごーい。


                                      
 ← 風情ある町並み。

                                 奥に見えるのが琵琶湖ホテル。


 ← 試し曳き(?)

                                   されているところへ遭遇。

                                   真後ろをノロノロゾロゾロと

                                   バスやら車やらが付いていって、

                                   見ている方がヒヤヒヤ。


一度行ってみたいと思いながら、なかなか機会のなかった大津祭り。

ちょうど子供の用事が近くであったため、

よし、今年こそ!と思い、ちょーっと足を伸ばしてみたのですが、

本祭ではなく、宵宮。

しかも時刻はお昼過ぎ。

始まるのは夕方からなので、まだあちこち準備中でした。

まぁ、いっか。 少しだけお祭り気分を満喫。


先日ある飲食店さんで、たまたま隣に居合わせた方が

とても楽しそうに大津祭りのことを話しておられました。

「いいお祭りやでー。私は○○町やしな。見に来てな。」と、

本当に嬉しそうに、そして誇らしげに。

その方はきっと覚えていらっしゃらないでしょうが、

ワタシ、ちゃんと約束守りましたよ。○○町、見ましたよ。


うちの郷里にもありますが、

何年も何年も愛され、受け継がれてきた伝統のお祭り

大好きです、ワタシ。

また似合うんですよね。 こういう場に、日本酒が。

「生まれ変わっても出来る事なら女がいいな。」と普段は思うタチですが、

この日ばかりは男に生まれてこなかったことを悔やみます。

あぁ、ワタシも曳山に乗ってみたい。

笛や太鼓を鳴らしてみたい、と、体中の血がウズウズ。

少子化で、地域によっては女の子も参加できるんですよね、今は。

ほとんどホームシックなどかかることの無いワタシですが、

実家のお祭りの日と、ここでムカデを見てしまった時だけは

「実家に帰ったろか。」なんて思ってしまうのでした。

2011年10月 7日 (金)

水玉 水玉 水玉

 ←みずたま だらけ

これ、あるお酒のラベルシールを剥がした後の残骸です。

モノトーンの水玉模様みたいでかわいい。

このシール、結構粘着力強いです。

おまけに耐水性も割りとありそうです。

捨てるには忍びなくて、

何かに使えないか、なんて考えてしまいます。

壁紙、とか? う~ん。 ちょっと無理やろ。

結局ゴミ箱行きになってしまってますが、何か有効利用ないやろか?

ちなみにこのまん丸ラベル、

一枚一枚 延々と貼ってると、なんか目がおかしくなってきます。

人間の目にはやっぱ直線も大事ね。

2011年10月 4日 (火)

まだかな まだかな

10月に入ると、何となく皆そわそわ。

誰とも無しに出てくる言葉は、「杜氏さんいつ来はるかな?」。

最近急に寒くなってきたので、身も心も早や冬の戦闘モード。

家の者なら知っていると思われてか、

「蔵入りはいつですか?」と聞かれたりもしますが、

ワタシも知りません。と言うか、ワタシも知りたい。

決まるの結構いつもギリギリなので・・・。

皆で 「○日ちゃうか?」 「いや、やっぱ大安じゃないと。」等々

言い合っています。

挙げ句の果てには、「なら皆で当てっこしようかcoldsweats01。」、と・・・。

なんか昔ありましたよね、

「まだかな まだかなぁ、○研のぉ、おばちゃんまだかなぁnote?」て歌が。

この歌知ってるのって、何歳ぐらいまでやろか?


みんな楽しみにしています。

いや、気を引き締めています。

配達のFさんは、

「地震で大変で来られへんかったりせんやろか?」と

心配しています。

遅かれ早かれ その日はもうすぐ。

まだかな まだかなぁ・・・ ?

2011年10月 1日 (土)

ある一日

今日は10月1日。

ちょーっと肌寒いくらいですが、とっても気持ちの良い秋晴れの日。

朝から花火がバンバンッ!と鳴りました。

そういえば、保育園の運動会やったっけ。。。(もう卒園してしまったけど。)

近くなので、子供たちの可愛い歓声が風に乗って聞こえてきます。

家事を済ませて、上の子を近くの公民館まで送って帰宅すると、

いつもご愛飲くださっている三重県のNさまご来店。ありがとうございます。

先週ご長男さんがご結婚heart

とーっても可愛らしい花嫁さんと、

凛々しい花婿さんのお写真を見せてくださいました。

いいなあ、なんて素敵。

あぁ、戻れるものなら戻りたいconfident

あ、もし戻ったら私ここにいるやろか。違う所にいたりしてcoldsweats01

お? と言うか、どこにも行けないで、独り身のままとかcoldsweats02

三重では、花嫁さんが家に入られた時にお菓子を配る

「菓子撒き」という風習があるそうで、

うちにも幸せのおすそ分けを頂きました。

子供の好きなお菓子がいっぱい。

ありがたや、ありかたや・・・。

その後、1日と15日にかかさず行く氏神さんのお参りに行き、

主人は某蔵元仲間さんの結婚式へGo!

ああ、今日はホントにおめでたい日やこと。

それから、

昨日までお店で使っていた座布団(今日から冬物に衣替え)を外に干して、

そしてまたまた公民館へ子供のお迎え。

お昼は手抜きでインスタントラーメンnoodle

だけど麺好きの子供たちは大喜び。

こんなんでええんやろか、うちの食育・・・。

昨日はグラタンまるまる味付けし忘れたし・・・sweat02

先日には久々に蔵の仕込み場から灯りが洩れていて、

杜氏さんの蔵入りももうすぐやなぁ、としみじみ。

また来るぞ、また来るぞ。 怒涛の冬が。

もっと段取り良〜く動ける主婦になりたい、

それが今の私の悩みです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31