無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

ようこそ滋賀へ

「滋賀B級グルメバトル」 ― 今日、明日です!

地酒ブースもあります!

一杯 100円です!

ちょっとお天気あやしいですが、どうぞお越しを~happy01


と、先に宣伝してしまいましたが、

今日、嬉しいお客様がありました。

蔵見学にと大阪から来られた、若い女性の二人連れ。

「日本酒大好きheart04」と、

ほんとに美味しそうに試飲をされていたお顔が印象的です。

「日本酒を飲む人が減っているんですよね?」と

ご心配までしてくださって・・・。 ありがたや、ありがたやcoldsweats01

このような若くてキレイな女性にもっともっと飲んで頂けたら、

きっと日本酒業界も復活するはず!です。


そして、さらに嬉しかったのは、

この蔵見学や、先の「滋賀B級グルメバトル」などを目的に、

わざわざお泊りで滋賀へ来られたということ。

ワタシには、大阪を旅行して宿泊・・・ということはあっても、

滋賀は日帰りの所・・・という勝手な先入観があったので、

こうやって、じっくり腰を据えて(?)この地を楽しんで頂けるなんて

嬉しい限りです。


十数年前、ある先輩が結婚された際に新婚旅行先に選んだのは山形。

しかも帰りに佐渡島へ寄るという、超オーダーメイドな旅。

「新婚旅行は海外」ってな思い込みがあったワタシには新鮮な衝撃でした。

が、今から思うと、

日本のその土地その土地の良さをゆったり楽しむのは

とても贅沢な楽しみだな、と。

いつか子育てや仕事が落ち着いたら、

ワタシもこのお二人やその先輩のような、

ゆっくりゆったりした旅をしてみたいものです。


ちなみに8月20日、21日には「牛肉サミット2011(大津市)」、

10月2日には「全国ご当地うどんサミット(東近江市)」もあります。

今年の滋賀は食の祭典がいっぱい。

どうぞお立ち寄りくださいませconfident

2011年7月26日 (火)

滋賀のけんか祭り

気持ちよく晴れ渡った先週の日曜日sun

久々に家族で出掛けてきました。

向かった先は・・・、甲賀市の大鳥神社 大原祇園です。

宵宮の灯篭のぶっつけ合いには

数年前に一度だけ行った事がありましたが、

本祭りの花奪いを見るのは初めてでちょっとドキドキ。


 ← 各字(あざ)が、

太鼓の音と共に静かにお宮さんに入った後・・・

 ← こうなります。

 ← ボッコボコ・・・て感じ。大丈夫かな?


ささら竹の間を2往復程するのですが、

その間に、白装束(?)の男衆に四方八方から竹でやられまくり。

男衆は防御のためか、白Tシャツの両肩に何かでパッドがしてあり、

まるでアメフト選手のようにイカツイpunch

しかもかなり楽しそうに、容赦なく竹を振るう。

次に走る番を待つ列から

「マジ怖え~shock。」との声がちらっと聞こえましたが、

いや、これはホントに怖いと思います。

でも、それだけではなかった。

倒れた花笠に沢山の見物客が押し寄せますrun

どうやら花笠の花を奪い合っているようです。

大人も子供も皆本気で、これもかなり怖い。

うちも負けじと花を3本ゲット!

でもちゃんと長い状態でゲット出来たのは

すばしこい次女が射止めた1本だけで、

あとの2本は折れて短くなって落ちていたのを拾っただけ・・・。

どうも茎はちゃんと長くないとあまり意味が無いようですcoldsweats01

最後には、上から投げられた粽(ちまき)を、これまた皆で奪い合って終了。

この粽、ただの粽ではなく、なんと当たり付き。

何が当たるかと言うと、

花笠に付いていた小さな酒樽(ちゃんとお酒入り!)がもらえるんだとか。

この酒樽、ゲット出来ると病が治るなどと言われ、

昔は直接酒樽を奪い合ったのだそうです。

しかし、ケガ人続出のため、今のような形式になったとか。

お酒を飲まない方が増えた昨今、

酒樽がそんなに人気者になるなんて、嬉しい限りではありますが・・・。


各花笠には、「世界平和」だとか「商売繁盛」だとかの

願掛けが書かれていました。

その中に「東日本復興」や「頑張れニッポン」の文字も。

最近お参りした伊勢神宮にも、奈良の信貴山にも、

東日本を応援する募金箱やメッセージをあちこちで目にしました。

ヒトも、神様も、皆一つになって

ニッポンを応援しているんだな、としみじみ。


この大原祇園、北島酒造からは車で30分ほど。

県の無形民族文化財にも指定されているそうです。

夏の始まりに景気良く、いや、威勢良く!

機会がありましたらぜひ行ってみてくださいね。

2011年7月20日 (水)

久々に新発売です

 ←うちにはちょっと珍しいラベルデザイン。

心配していた台風typhoonは、

夜中のうちにゴオゴオーと過ぎていきました。

今頃は関東辺り? 関東の皆さま大丈夫でしょうか?


さて、最近更新が滞っておりましたが、

長女がどこかからもらってきた夏カゼが

長女 → 次女 → 三女 → ワタシ

と、来てしまい、しばらく閉じこもりの日々でした。。。

センムに感染するのも時間の問題でしょう coldsweats01

今年の夏カゼは強力です。 皆さまお気を付け下さいhospital


さてさて、上の写真のお酒、

「あの時のあのお酒は?」という声が時折聞かれた謎のお酒です。

改めましてご紹介させて頂きます。

「生酛 ―きもと―」   です。

名前、そのまんまですが、720mlビン 1,575円です。

日頃は会話の無い夫婦なワタシたち。であるにもかかわらず、

珍しく(?)真剣な顔で熱く熱く酒を語り出したのが2年前。

それが「きもと造り」を始めた頃でした。

その時の情熱annoyたるや、普段の様子からは想像出来ないほど。

日本酒の原点とも言われるきもと造り ― 。

蔵に生息する自然の乳酸菌から乳酸を作り出し、

通常の倍以上の時間と手間をかけて強い酵母を育てるのだそうです。

それにより、キメの細やかさと力強さという相反する酒質を

両立できるのがこの「きもと」なのです。

ワタシの勝手な思い込みでは、

今までに口にしたことのある数少ない「きもと」のお酒は

「酒だぞ~!」という感じ(そんな表現で良いのかgawk?)の、

ど~んと重厚なお酒でした。

が、うちの「きもと」は重くありません。

むしろ繊細さをも感じます。

こだわりシリーズとしての「北島」ラインでは、

酒造年度違いや酒米違いなどでの「きもと」を

今までにもごく少数出しておりましたが、こちらは御代栄ラインとなります。

ちょこちょこと試飲販売などで実験的に登場はしていましたが

ご好評を得て、この度 初お披露目。

杜氏さんや蔵人さんの熱い気持ちを

どうか感じて頂けたら、と思います。

酒米は、幻の米と言われた「渡船(わたりぶね)」。

自慢じゃないけど、

きもと造りへの挑戦も、渡船使用への挑戦も、

滋賀ではうちが先陣です。

味も、質も、先陣を切って行けるよう、

北島はもっともっと頑張っていきます。

2011年7月13日 (水)

はんなさん、ふたたび

はんなさん主催のお酒の会 無事終了。

ご参加された方、いかがでしたでしょうか?

「縁」の名の下、これだけで終了とせず、

どうかこれからも細く長く(いや、太く長く?)繋がっていけたら、

と心から願います。

はんなさん、ごとしさん、ご参加くださった皆様、

ありがとうございましたconfident

詳しくはブログ「はんなり・・・ふたたび・・・」→ http://hannari123.exblog.jp/


はんなさんは、なるべくバラエティーに富んだお酒を希望され、

会の前に、主人にこうメールを下さいました。

「人の好みは千差万別。

それぞれの方がそれぞれの好みを見付けられるように、

その選択肢を並べることが私の役目。」

私はまだお会いしたこともありませんが、

なんて謙虚なお方なのでしょうshine

そしてなんて嬉しい言葉heart04

「私は絶対このお酒!」と決め込んでしまわずに

色々試してみられると新しい発見がきっとあるはず。

また、いつもは決まったお酒でも、

「今日はちょっと違うお酒の気分」ということだって当然あるはずです。

そんな時の選択肢の一つがうちのお酒であれば

もちろんこんな嬉しいことは無いのですが、

たとえそうでなくても、

もっともっと多くの方に、もっともっと色々なお酒に挑戦して頂けたら、

と常日頃思っております。

日本酒のイベントが続くこの季節ですが、

これらを機会に、一人でも多くの方に

少しでも沢山の美味しさを味わって頂きたいものです。

2011年7月 7日 (木)

夏越しの祓え 水無月食べた?

今日は七夕。 残念ながらrainですが・・・。

ということで、七夕笹飾りの写真を・・・。

 ←短冊はやはり、

                 東北復興を願ったものが多く見受けられました。

水の神様 京都の貴船神社です。

6月末、お参りに行ってきましたので。

前のブログを見てみると、2008年8月にも書いていますが、

ここはワタシの中ではNO.1のパワースポット。

昔に比べ、ここら全体が何だか垢抜けた感じになってきましたが、

それでも漲(みなぎ)る神聖な空気は変わりません。

大学時代、何を考えたのかクラスの皆で突然に

貴船〜鞍馬間をハイキングしたことがありました。

「散策、散策〜happy01。」とワイワイガヤガヤむっちゃ気楽にスタートしたら、

「山登りか?」という程とんでもなくハードなコースでびっくりsign03

ハイク途中のある薄暗〜い一角では、

五寸釘が打たれたわら人形shockにも遭遇してしまいました。

今から思えば、

大勢いたから「きゃーdash!!!」と遊び半分で逃げられたけれど、

もし少人数だったら恐怖で足が竦んでいたに違いありませんcoldsweats02

そんなこんなもパワースポットと言われる所以でしょうかsweat02


 で、こちらが鞍馬寺。

山の上から下を見下ろすとこんな感じ。

昔の人はすごい。

どうやってこんな所にあんな立派なお寺を建てたのでしょう。

若かりし頃は、自力でひょいひょいと歩いて登ったものですが

(と言うか、100円のケーブル代も惜しかった・・・。)、

今は行きも帰りもケーブル頼みです。

その他の所は交替でチビ助を抱っこ。

かなり良い運動になりますsweat01

大学が近かったこともあり、思い出多い貴船・鞍馬。

あれから十数年経った今でも、

日本酒と神様の距離は近く、

こうやってご縁を頂けるのは本当にありがたいです。

今はご祈祷の最中にウロウロしてしまうチビ助ですが、

子供たちの代にも、ずっとずっとお参りをさせて頂きたい所です。

2011年7月 5日 (火)

うさぎさん GO!

「日本酒 うさぎ」さんによる三周年記念クルージング、

無事に終わったようです。

(センムは超二日酔いsweat02。)

うさぎさんの店主の方のお人柄に引き寄せられた

約50名のお客様と5名の謎の蔵元。

うちにもお誘いを頂き感謝申し上げます。

ご来場くださった方々、スタッフの方々、ありがとうございました。


さて、今回のイベントもとても勉強になったようです。

造り手の蔵元と、飲んでくださるお客様との間には

明らかな嗜好の隔たりがある・・・とか何とか。

いや、今に始まったことではありませんが。

ワタシが北島に入った時にも思いましたが、好みだけではなく、

例えば興味や知識の(量や幅ではなくて)方向性なんかにも

やはりギャップは感じられますね。

このギャップはあるべきものであり、

決して悪いものではないと思います。

逆に良い潤滑剤になれば、と思っているのですが・・・。

うーん、何か自分でも上手に表現できませんthink。 ゴメンナサイ。


余談ですが、この船上で出会ったあるお方が

鳥取県 北栄町の方だったそうです。

はい、湖南市と「コナン」繋がりの所です。

某チェーン店さなのPBの新デザイン「おとうさん ありがとう」を

デザインしてくださったのも、偶然にも北栄町ご出身の方。

湖南市立図書館では、先日、北栄町コーナーが出来ていました。

何か最近やたらと親近感を感じます。


北栄町 GO!

そして うさぎさんも、益々ゆるーく GO、GO、GO!

2011年7月 4日 (月)

7月の試飲販売のご案内

もうすぐ祇園祭り。

京都では今頃、

あちらこちらで祇園囃子が流れていることでしょうねnotes

と、言うことで、7月の試飲販売は京都です!

         〜7月5日(火) ジェイアール京都伊勢丹さま

7月6日(水)  〜 7月12日(火)  大丸京都店さま

7月20日(水)〜7月26日(火) 高島屋京都店さま

いつも不思議と山鉾巡行の辺りで梅雨明けするんですよね。

あー、猛暑もイヤだけど、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。

こんなうっとおしい季節には、ロックやソーダ割りもオススメです。

(酒質のしっかりした原酒ならOK。)

冷たく冷やした「梅の酒」もGOOD!

是非お立ち寄りくださいませ。

2011年7月 2日 (土)

ぷちぷち エコエコ

「水のトラブル○○○○○ーnote」なんてコマーシャルがありますが、

うちは水のトラブルが多発します。

前にも書きましたが、幸か不幸か、お料理はもちろんお風呂もトイレも

お酒の仕込み水とおんなじ水なので

一般家庭の水道水使用とは違い、何かと起こってしまうようです。

そしてまた・・・ 昨日からうちは断水です。

全く出ませんbearing

幸い、おじいちゃんおばあちゃんの住んでいる母屋が

それこそスープの冷めない距離にあるので

お洗濯から、お料理から、今はどっぷりお世話になっています。

しかし、家にいる間 水が一滴も無いというのは

やはりとても不安なもので、やかんや桶に水を汲みおきして

ちょっとした手洗いなどに使っているのですが、

いやー、水って本当に貴重です。

手を洗った後の水は捨てないで、

食器などを浸け置きしたり、お花にやったり、

とにかくもったいないのでタダでは捨てません。

生活時間の多くが母屋に移ったので節電にも貢献か?

これぞまさにプチエコ。

これでも被災地の方には申し訳ないくらいですが・・・。

宣伝文句にそれさえ付ければ売れるのか?てなぐらい

何にでもプチだのエコだの付いていて、

少々辟易したりもしているのですが

(ワタシの小さい頃には「省エネ省エネ」と言われている時代もありました)、

根底にある考え、そしてそれを実行に移すことは

やっぱり大切だな、と思います。

さてこの断水、果たしていつまで続くのか?

不安だ・・・・・down

2011年7月 1日 (金)

はんなりさんと知酒聞酒(ちしゅもんしゅ)

Hannnari_last_2_2

まだまだ日本酒イベントが続きます。

縁はんなり Vol.2

7月10日(日曜日)

京都 「魚とお酒 ごとし」さんにて

お酒やお料理にとてもお詳しい、はんなさん主催の会です。

こちらもご案内せねば・・・、と思っているうちに

満席となってしまいました。

お知らせが遅くなりスミマセン。

ご予約くださった皆様、有難うございますconfident

詳しくは → http://hannari123.exblog.jp/


そして、もう1件。

こちらはもう少し先なので、まだまだご予約承り中です。

知酒聞酒(ちしゅもんしゅ)の会

7月28日(木曜日)  午後7時より(受付6時半)

大津プリンスホテル 和室宴会場「高砂」

会費 8,000円(お食事・日本酒・税サ込み)

お問い合わせは  077-521-1111

www.princehotels.co.jp/otsu

今回は、金亀さんこと岡村本家さんと北島が参加させて頂きます。

ご参加心よりお待ちいたしております。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31