無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

12月の試飲販売のご案内

←我が家でもクリスマスツリーがお目見え。

                   Fさん、可愛いオーナメント有難うございますheart01

                   お店ももうすぐクリスマスに向け模様替えです。


この辺りの紅葉は今が見頃。秋一色です。

でも季節は確実に冬へ・・・。

もうすぐクリスマスxmasですね。

さて、12月の試飲販売のご案内です。


12月1日(水)~7日(火)   西宮阪急さま

   9日(木)~15日(水)  生駒近鉄さま

  23日(木)~31日(金)  上本町近鉄さま


何かと集まりの多くなるこのシーズン。

美味しいお酒をぜひどうぞheart04

2010年11月24日 (水)

戦国のろしと東海道ウォーク

昨日行なわれた、吉永の里山と文化財を守る会さまによる

「第4回 三雲城址 戦国のろしと東海道ウォーク」。

うちにもお立ち寄りになられました。

約300人もの方が何班にも分かれて歩かれるので

うちでの滞在時間は5分もあるかないか、という感じでしたが

お酒の仕込み水や「しぼったそのまま一番酒」を試飲していかれました。


その際一番よく聞かれたのが、酒粕。

「もうできた?」と何人もの方がお尋ねくださいましたが、まだ出来てません。

当然と言えば当然なのですが、酒粕はあくまでもお酒の副産物なので、

まずお酒(新酒)が出来ないと酒粕も出来ません。

仕込みの状況により多少前後しますが、例年年末年始頃でしょうか。

現在予約受付け中。

もうしばらくお待ちくださいね。


毎回のことですが、

「近くに住んでるけど、初めて中に入ったわ~。」という方も結構多いので

これを機会に地元の酒蔵をもっと身近に感じて頂けたら、と思います。

水琴窟に耳をそばだてておられた方もいらっしゃいましたが

車の音でもかき消される程の密やかな音色ですから、

周りがザワザワしてて恐らく聞こえなかったのでは・・・。

ぜひ再度お店にいらしてゆっくりと聞いてみてくださいね。


それからエボルタ君、とうとうゴールに到着しましたねhappy01

東海道 人も歩けば ロボットも歩く

おめでとうございまーす!

2010年11月19日 (金)

エボルタ君 ちょっと休憩の巻

 ← むっちゃカワイイheart04


 ←けなげに歩くエボルタ君、横姿。


 ← これは珍しい! 正面ショット。


←バイバイ。いってらっしゃいエボルタ君。


昨日、かわいらしいお客様が来られました。

それは何と、エボルタ君。

今ちょっと話題の、充電式電池のロボットくんです。

パナソニックさんのキャンペーンで、現在東海道踏破中のエボルタ君。

9月23日に東京 日本橋を出発し、本日ここまで到着です。すごい!


スタッフの皆様もここでちょっと一服。

配達の F さん、「今日エボルタ君がここを通るらしいで~。」と

慌てて帰って来ましたが、

通るどころかその場にいたので、おっとビックリeye

ワタシはと言えば・・・、まさかうちで休憩となるとは思いも寄らず、

外出中で巡り会えずweep。 (写真は義母が撮ってくれました。)

ただ、近くを車で走っていた時に、たまたまご一行様に遭遇しましたが、

”ぺたぺたぺた・・・”と

何ともアナログ的なかわいらしい足音(?)を小さく響かせて

一瞬で過ぎ去ってしまったのでした。


時代を造り上げてきた先人たちが駆け抜けた東海道を、

今やロボット君が駆け抜けるなんて、龍馬もビックリ。

紅葉mapleが見頃を迎えつつある京滋の道を

ひたすら歩き続けるエボルタ君。

がんばれ、エボルタ君!

ゴール(京都 三条)はもうすぐ!!

2010年11月12日 (金)

ああ、幻の2年古酒

毎晩色々なお酒をきき酒する主人。

蔵の嫁というラッキーな立場にあって、

時々ワタシも便乗させてもらうのですが、

先日とても美味しいお酒に巡り会いました。

聞くと2年ものの古酒とのこと。

ふんわりやわらかなぬる燗で頂いたそのお酒は

古酒があまり好きではないワタシでも抵抗のない香りで、

酸いも甘いもすべてを包み込んだようなやさしい味わい。

しか~し、それが何のお酒だったか分からないbearing

ラベルも何にも貼ってない、商品になる前のものを

ほんの少量きき酒しているだけなので、

今となっては思い出しようがないのです。

ちゃんとメモっておいたら良かった・・・down

それからというもの、毎晩味を見ては、

「これかな?」 「いや、ちゃう。」とあの日あの時のお酒を探す日々。

体調や器など、色々な条件で感じ方なんて変わるもの。

ワタシの怪しい味覚だけを頼りに探しても、

果たして見付かるかどうか・・・sweat02

2010年11月10日 (水)

時代は「うちのみ」?

←カランコエの後ろでかくれんぼ「うちのみ」


この秋、お手頃価格で良質な純米酒を、ということで発売された

新商品 「うちのみ」

発売されて間もなく、いきなり品切れです。

主人が「あんまり宣伝せんでええし・・・」とちょっと言葉を濁してしまうこのお酒、

酒米は県産夢おうみ。

手間がかかっている割に価格が抑えられているので

儲けは少ないそうで・・・。

ラベルは滋賀県立大学 生活デザイン学科の学生さんの手によるもの。

今風に言うと、コラボレーションでしょうか。

シンプルでかわいく、とても気に入っています。

冷やでほっこり。燗でまったり。おうち時間でほっとひと息heart04

720mlビンで1,000円なり。

もうすぐ発売再開予定です。

ぜひ一度お試しください。

2010年11月 1日 (月)

もう秋やで・・・

 ← 防災訓練で見たポンプ車みたい。

 先日、仕込みに使う水のタンクの清掃が行なわれました。

タンクの中の水をぜーんぶ抜いてお掃除しはるのですが

その水の勢いdashのすごいこと。

お掃除をする蔵の方は必死でしょうが

これが子供には格好の遊び場となり・・・

 ← 何やら悪さ(?)をしている次女

恐る恐る水に近付いて手を出してみたり、

石を拾ってきて流れる水をせき止めてみたり、

こんな寒いのに数分後には水びたしsweat02

夏ぢゃあるまいに、水遊びだなんて。


ぴかぴかのタンクにきれいなお水shine

美味しいお酒になぁれ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31