無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

5月の試飲販売のご案内

もうすぐ風薫る5月。

またまた試飲販売です。


4月29日(水) ~ 5月5日(火)  阪急百貨店 千里店さま

4月30日(木) ~ 5月6日(水)  京阪百貨店 京橋店さま

5月7日(木) ~  12日(火)     大丸百貨店 京都店さま

5月13日(水) ~ 19日(火)    阪神百貨店さま

5月20日(水) ~ 26日(火)    ジェイアール名古屋高島屋さま


蝶ネクタイribbonがトレードマークのうちの名物販売員、田村サンが

全日程ではないですが、ほとんど立ってくれる予定です。

この田村サン、

普段はフツーに瓶詰めや配達をしてくれている従業員さんです。

先日、

「僕が全然蔵に来ーへんから、みんな僕がクビにでもなったんちゃうか、

とか思ってへんやろか。」と心配してはりました。

いえいえ、頑張って「御代栄」の名前を広めてきてください。

みんなちゃんと田村サンを待ってます。


追伸: 25日(土)に大津プリンスホテルで、

     毎年恒例エスサーフさん主催のきき酒会が行われました。

     かなりの悪天候にもかかわらず、盛況だったと聞いています。

     雨rainの中ご来場くださった皆さま、誠に有難うございました。

2009年4月26日 (日)

八王子ナンバーのお客様~!!!

本日は、至急の伝言板ですsweat01


昨日土曜にご来店くださった、八王子ナンバーのご家族連れのお客様

もしも、もしも、このブログをご覧くださっていましたら、

お手数ですが、北島酒造までご連絡ください。

お伝えしたいことがございます。

お立ち寄りになられたというお寿司屋さんにも、

おそらくお泊りであろうホテルにも連絡を取ってみましたが、

やはりお名前もご住所も分からない・・・wobbly

どうかご連絡が取れますことを祈っています。


北島酒造株式会社  0748-72-0012

( 午前8時半より午後5時半まで  日・祝 休み ) 

2009年4月25日 (土)

これなーんだ?

Img_1399

   これ、何か分かりますか?

   分かったあなたはすごい! ツウですね~。

   正解は「櫂棒(かいぼう)」です。

生酛(きもと)造りの時に使う道具の一つです。

半切り桶という桶の中に、麹と蒸し米、水を入れ、

それをこの櫂棒ですりつぶすのです。


部外者立入禁止なので

私もその現場を見たことはありませんが、

よくテレビなどで見る、いわゆる酒造りの風景というのは

これなんだろうな、なんて思ったりします。


2009年のうちの年賀状にも堂々と

「きもとに挑戦!」と宣言してしまいましたが、

この「生酛造り」に、北島酒造は今年度初めて挑戦いたしました。


普通の造りの倍近くの神経と手間を要するというこの造り、

「胃が痛い~bearing」とか何とか言いながら、

主人は何だか日に日にやつれていきました。

で、できたお酒は・・・。

「お!? 初挑戦にしてはなかなかウマイぞup。」と。

『きもと』というのは一般に、重厚でコクのある味、と言われますが、

『きもと』が正直苦手なワタシにも飲める、美味しいお酒でした。


『きもと』らしくない『きもと』、

すっきりとキレイな『きもと』・・・これがうちの味。


ごく数件のお酒屋さんに、密かに置いて頂いております。

興味おありの方、ぜひ一度お問い合わせくださいconfident

2009年4月24日 (金)

またお酒だ・・・(涙)。

テレビを見てびっくり!

SMAP 草彅 剛さんのあのニュースです。


飲酒事故だの某元大臣の酩酊会見だの、

お酒が悪者になってしまうニュースが多い昨今、

「ああ、またあ?despair」と思ってしまいました。


でもさあ、誰だってストレス発散したくなることあるよねえ?

ワタシだって、お酒の失敗談の一つや二つ・・・自慢にゃならないがsweat02

ただそれが、自宅ではなく公園であって、

ワタシのような一般人の小市民ではなく、

超トップアイドルだったということで。

ワタシは特にファンではないけれど、

ワタシの周りの友人の意見もみな同じくちょっと同情。


お酒は楽しさを倍増させてくれるもの。

そして悲しみを半減させてくれるもの。

自分自身がお酒に飲まれることさえなければ・・・。


どうかこれ以上、お酒が悪者になるような事件が起きないことを

祈ってやみません。

2009年4月21日 (火)

続 「ほろ酔いうつわと地酒展」

やっと行って参りました。信楽へ!

信楽は肌寒いのでは・・・と思いきや、ぽかぽか陽気の日曜日sun

桜もまだ残っていて、とってもキレイでした。

そして、展示されているうつわ・器・ウツワ・・・。

どの酒器も、

ド素人の私にも作られた作家さんの個性が感じられ、

とても興味深いものばがり。

中には、「これどうやって使うのん?」というような物も。

「あ~、この器であのお酒が飲みたい!」

とか、

「あのお酒をこの徳利の横に並べたら絵になりそう。」

とか、色々思うのですが、

割ってしまいそうで怖くて買えませんcoldsweats01

                         ↑ イヤイヤ、それ以前にお金moneybagがありません。


もともと食器や和雑貨を見るのが好きなので、

主人にお願いして、

今日はここぞとばかりに色々なお店を廻らせてもらいました。

そこでふと思ったのがBGM.(前に来た時も思ったのですが)。

ほとんどのお店がジャズ。

でなければ、無音、BGMなし。

私はジャズが好きなので、

(うちのお店にも使おうと思っていたが、

水琴窟の音が聞こえなくなる、と却下された)

小洒落たお店にジャズやボサノバが流れていると

とっても居心地良いのですが、

これだけ廻ってどのお店に入っても同じっていうのも・・・。

陶芸家さんは皆ジャズがお好き?


とはいえ、いつか一人でゆっくりのんびり散策したい

信楽はそんな気持ちのいいトコでした。

2009年4月18日 (土)

信楽 「ほろ酔いうつわと地酒 展」

信楽で「ほろ酔いうつわと地酒 展」が開催されています。

今さら宣伝しても遅いかも (ゴメンナサイ) ・・・ですが、

週末に各蔵が持ちまわりで行っている試飲販売、

本日はうち、北島酒造の日です。

お近くの方、またお時間のある方、

ぜひぜひ行ってやってください。

ワタクシは明日、行ってきます。

どんなだったかまた後日報告しまーす。


「ほろ酔いうつわと地酒 展」   5月10日(日)まで開催

陶芸の森  信楽産業展示館

主催:信楽焼振興協議会

TEL:0748-83-1755 

2009年4月14日 (火)

頑張れ!お花見号

ひらひら・・・とか、

はらはら・・・とかじゃなく、

ゴーッと風に乗って、ブワーッと桜が舞っている今日この頃。

でも、今日の雨rainで完全に葉桜やろうな・・・。

子供たちが喜んで遊んでいた桜のじゅうたんも、

明日にはドロドロですごいことになってるでしょう。


と、今さらですが、先週、「お花見電車」なるものに乗ってきました。

夜6時半頃に浜大津駅を出発し、

桜の名所などをぐるっと周って帰ってくるというものです。


団体列車なんて乗ったのは、

子供の頃「ミステリートレイン(知ってますか?)」で

「びわこタワー」に来た時以来。

(そう、私が初めて体験した関西は「琵琶湖」だったのです!

その時はあれは海やと思ってたけど・・・。)


電車の中は、商店街のお花屋さんが飾り付けてくださった

桜やレンギョウで春いっぱい。

美味しいお弁当や手作りの米粉パンなどを頂き、

さらには、うわさのお酒「権座(ごんざ)」が振舞われました。

おいしかったーdelicious

喜楽長さん、薄桜さん、笑四季さんが各テーブルに付かれ、

色々なお話を伺うこともできました。

生演奏などもあり、皆さんとても楽しそうでした。


この「お花見電車」、ここ近年、途絶えていたそうです。

地元の方が地元の魅力を再認識するためにも、

また、県外の方が滋賀の魅力の一つを知るためにも、

ぜひ毎年企画して頂けたらなあ、と思います。


初めて見た琵琶湖疎水の夜桜cherryblossom

ほんの数秒でしたが、とてもキレイでした。

徐行はして下さったのですが、もっと見たかった・・・。

やっぱり電車が線路のド真ん中で停まったりするのは

問題ありなんやろか。

2009年4月11日 (土)

終売・完売のお知らせ

永らくご愛顧賜りました「王道」が

この度終売となりました。

また、期間限定酒「しぼったそのまま純米一番」

(うちでは、通称 純一クン)が、先日全て完売いたしました。

ご愛飲くださった皆さま、

お買い上げくださった皆さま、

誠に有難うございました。

2009年4月 4日 (土)

粕汁はプリン味?

とある道の駅で、県内のとある蔵元さんの酒粕を購入しました。

どんなんかなー、とワクワクしながら封を開けると・・・

どこからかプリンのにおい???

まさか酒粕が発しているにおいだとは思いもしなかったので

てっきり子供が後ろでプリンでも出したのかと思ってしまいました。

けど違う。

酒粕に鼻を近付けてくんくん嗅いで見ると

やっぱりニオイの正体はこの酒粕。

確かにお店の冷蔵ケースの中にはプリンもありました。

でも酒粕と離れた端の方に2~3コあっただけ。

しかもショーケースはドアの無い開放式。

そんな状態で、粕ってこんなにニオイを吸うもの?

それともこれがこの粕の持っているもともとのニオイ?

その晩、この粕で粕汁を作ってみたら、プリン味はしませんでした。

普通に美味しかったわdelicious

今年はいくつかの蔵元さんの酒粕を食す機会がありましたが

それぞれに違って、それぞれに美味しい。

お酒と同じね。

う~ん、奥が深い。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31