無料ブログはココログ

ブログランキング

« 10月の試飲販売のお知らせ | トップページ | 阪神百貨店にて »

2008年9月30日 (火)

誰か教えてください。

 ← すすきにコスモス、女郎花・・・           
                               秋です。


今日は次女の初めてのバス遠足(ちょっとムリヤリ雨天決行)。
しかし、昨晩急に発熱
泣く泣く今日はお休みです

それにしてもこの雨、この寒さ。大人でも付いていけない・・・。
そんなこんなで9月も終わり。
報道番組などで様々な情報が交錯し、何かと気をもんだひと月でした。

ところでご存知でしたか?

明日10月1日は「日本酒の日です。

十二支の10番目である「酉(とり)」の月、10月。
この「酉」という字は酒壷の形を表し、
象形文字では「酒」を意味するのだそうです。
また、昭和40年以前の「酒造年度」は
10月1日からと定められていた為
昔、蔵元では、この日を酒造元旦とも呼んでいたそうです。

漢字話のついでに、先日、ある番組で
「食」という字は「人を良くする」と書く、と言っていました。
な、なるほど・・・。

では、「飲」は?
なぜその横に「欠」が付くのでしょう?
この「欠」の意味は?

それから「酒」「九・十」「酔う」
「米」「九・十」では「粋(いき)」
これにもどんな意味があるのでしょう? やはり何か関係が?

一つ気になりだすと、あれこれ気になる・・・。
アホ丸出しでお恥ずかしいのですが、
どなたか教えてください。

ちなみに「米が白い」と書いて「粕(かす)」
「米で健康」と書いて「糠(ぬか)」
漢字ってすごい!

« 10月の試飲販売のお知らせ | トップページ | 阪神百貨店にて »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

手元の大漢和や新字源をちょっとくくりました。

「飲」ですが、もとは左側は「食」ではなく、上が「今」下が「酉」(酒壷を意味する)でした。で、右側の「欠」の字は、象形文字では「あくびをする」という意味で、口を開閉するという動作をあらわしていたらしいです。その左側が会意文字として「食」が使われるようになり今に至る…らしいですね。

「酔」「粋」の右側は、旧字ですと「卒」でして、この「卒」にはたとえば
1「つくす」という意味(例「卒業」は業をつくす)という意味があり、酒壷の酒をつくす→酔っ払う
2「つく」「くだく」という意味(例「破砕米」)から、よくついた米→混じりけの無いという意味が出てくるようですが、いわゆる「世情に通じている」などの意味の「粋」は、日本特有の使われ方のようです。

ありがとうございます!
こんな丁寧に教えて下さって!
漢和辞典を使いこなせていない自分が恥ずかしい。
一応ネット検索もしてみたのですが、
このような字の成り立ちにまでたどり着くことすら
出来なかったのです・・・。
「粋(いき)」って素敵な言葉だと思うのですが、
どこから出てきたのでしょうね。不思議ですね。
良い勉強になりました。有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月の試飲販売のお知らせ | トップページ | 阪神百貨店にて »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31