無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

誰か教えてください。

 ← すすきにコスモス、女郎花・・・           
                               秋です。


今日は次女の初めてのバス遠足(ちょっとムリヤリ雨天決行rain)。
しかし、昨晩急に発熱 bearing
泣く泣く今日はお休みです crying

それにしてもこの雨、この寒さ。大人でも付いていけない・・・。
そんなこんなで9月も終わり。
報道番組などで様々な情報が交錯し、何かと気をもんだひと月でした。

ところでご存知でしたか?

明日10月1日は「日本酒の日bottleです。

十二支の10番目である「酉(とり)」の月、10月。
この「酉」という字は酒壷の形を表し、
象形文字では「酒」を意味するのだそうです。
また、昭和40年以前の「酒造年度」は
10月1日からと定められていた為
昔、蔵元では、この日を酒造元旦とも呼んでいたそうです。

漢字話のついでに、先日、ある番組で
「食」という字は「人を良くする」と書く、と言っていました。
な、なるほど・・・。

では、「飲」は?
なぜその横に「欠」が付くのでしょう?
この「欠」の意味は?

それから「酒」「九・十」「酔う」
「米」「九・十」では「粋(いき)」
これにもどんな意味があるのでしょう? やはり何か関係が?

一つ気になりだすと、あれこれ気になる・・・。
アホ丸出しでお恥ずかしいのですが、
どなたか教えてください。

ちなみに「米が白い」と書いて「粕(かす)」
「米で健康」と書いて「糠(ぬか)」
漢字ってすごい!

2008年9月27日 (土)

10月の試飲販売のお知らせ

最近、試飲販売が立て続けです。

これも秋までですが。

(冬は忙しいので、お正月の地元百貨店さま以外は

試飲販売の予定はありません。今のところ。)

10月 1日(水)~ 7日(火)  阪神百貨店 梅田本店さま

10月15日(水)~21日(火)     高島屋  名古屋店さま

10月29日(水)~11月4日(火)      大丸 京都店さま

お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください confident

2008年9月25日 (木)

わたしだけ・・・?

 ← 娘の園のプチ田んぼも稲刈り
                    年長組さんで一人一束ずつ
                    カマで刈っていったそうです。
                    「どうやってご飯ができるのかな?」と
                    今から調理実習を楽しみにしている娘です。


「知ったかぶり カイツブリ」、どんどんバージョンアップしてますねー。  
昨日は初めて、方言バージョンの放送も見ました。

滋賀に来て初めて覚えた滋賀弁は「たちまち」。
「とりあえず」という意味のようです。
引越しでバタバタしている時に、
たちまちここに置いとこう。」などと多用されていたので
すぐ覚えました。

それにしても滋賀弁って「・・・くさい」て言葉がやたら多くないですかー?
水くさい」、「心気(しんき)くさい」、極めつけは「じじくさいsign01

「水くさい」は標準語だろうけど、
人間関係などを表す時以外にもよく登場します。
「このカボチャ、水くさいわあ。」とか。
(そこは「水っぽい」でいいんじゃないか?と思うけど。)

しんきくさい(じれったいの意味)」は、京都新聞の「折々の京ことば」にも
載ってたので京都弁なのか?いや、関西弁か?

そして「じじくさい」って一体なんだ!?
「ばばくさい」なら知ってるけど。
どうもミットモナイとか、キタナラシイとか、
そんな意味のようです。

富山でも京都でもあまり遭遇しなかった言葉たち・・・。
これらが使えるようになったら、私も立派な滋賀県人。
そう思ってるのは私だけ・・・?

2008年9月23日 (火)

今日は秋分の日


どんなに異常気象で
暑い年となろうと、寒い年となろうと
彼岸花は忘れずにお彼岸の時分に花を咲かせます。
不思議・・・。

今日は秋分の日。
主人が何やら忙しそうです。
今さら聞くのもイヤなので聞いてませんが、
そろそろ今年の造りの準備の準備に取り掛かってるのでしょう。

10月も半ばに入る頃には
主人は完全に休み無し状態。
よって、家族でのお出かけも春までおあずけ wobbly

蔵人さんのご飯の支度に追われながら、
どこにも出かけられない憂鬱な日曜・祝日・・・ sad
イヤイヤ・・・、そんな文句を言ってはならない。
頑張って美味しいお酒を造ってもらわねば rock

2008年9月20日 (土)

滋賀 地酒の祭典

平成20年11月9日(日)  13時~17時(受付12時半より)

大津プリンスホテルにて

『第2回  滋賀 地酒の祭典』 が開催されます。


滋賀県内の蔵元が一同に結集するこのイベント、

全国でも珍しいのだそうです。


前もって9月28日に行われたきき酒会で知事賞を受賞すべく出品された

各蔵自慢のお酒が公開され、その他300種以上もの選りすぐりの地酒を

きき酒して頂けます。

(ご予約不要  入場料1,000円)


その後、18時からは、大津プリンスホテル和食料理長である

北野登さんが、今回のこの日本酒イベントのために用意して下さった

特製料理と共に各蔵の秘蔵酒などをお楽しみ頂けるお食事会がございます。

(完全予約制 会費6,000円  お申し込みは10月20日まで)


私たち蔵元にとっては、普段なかなかお会いすることのできないお客様と

直接お話をさせて頂ける数少ない機会でもあります。

一人でも多くの方に私たち滋賀のお酒を知って頂けたら、と思います。

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。


お問い合わせは 滋賀県酒造組合 まで 

TEL 077-522-3070

FAX 077-522-3185

E-mail hba34000@wood.odn.ne.jp

URL   http://www.shiga-jizake.net/

〒520-0044

滋賀県大津市京町3-4-22  滋賀会館2階


2008年9月18日 (木)

台風がくるぞー!


朝晩涼しくなって、
「ああ、秋の気配」と思いきや、
台風が近付いていますtyphoon

なんでも「ノロノロ台風」とか言われるこの台風、
警戒せねば・・・。

お酒の通い箱(通称P箱)は低めに積んで、
倒壊を防ぐため、ロープで囲っていきます。
いつもは出しっぱなしのお店の大きなのれんも
その日には中へしまいます。

「備えあれば患いなし」
何事も起きず過ぎ去ってくれますように・・・。

2008年9月17日 (水)

駐車場のはなし

 ← 北島酒造 駐車場横  満開の芙蓉の花


ちょっと分かりにくい場所にあるので
あんまり知られてないかもしれませんが、
北島酒造には駐車場parkingがあります。

お店に向かって左が三雲(みくも)、右が石部(いしべ)なのですが、
この石部側に電信柱3本分ほど進んだところ、
家棟川橋(やなむねがわばし)という小さな橋の手前のガタガタ道を
左に入ってすぐのところが駐車場です。
駐車場というより、ただの草っ原なんですが・・・。

ここの土手に、ご近所さんが、
季節により色々な花を咲かせて下さっています。

今はこの芙蓉(ふよう)の花。
駐車場横の土手に一斉に咲く様は見事です。

北島酒造は旧東海道に面しているのですが、
この道、細いわりに、大変交通量が多いのです。
少しの間なので、お店の前にお車を停められる方も多いのですが、
事故や渋滞など、とても心配になりますwobbly

雨の日や、お荷物の多い日などは
少しご足労(徒歩約1分)をかけてしまいますが、
どうぞこの駐車場をご利用ください。
季節によってはたくさんのお花にも出会えます。
お買い上げ商品が多くて重い時などはこちらでお運びさせて頂きます。


追伸 : 扉横の門を入った所でも、狭いため駐車しにくいですが
     お車を停めて頂くことができます。
     ただし、多少トラックなどの出入りがありますので、 ご注意ください。

2008年9月15日 (月)

汚染米について

  ← 写真のちょうど中央部、
                        ジェットコースターの真下辺りにある
                        白くて小さな真ん丸、何か分かりますか?
                        正解はお月さま! 中秋の名月ですね。
                        連休で、家族で出掛けた帰り道にパチリ!



「汚染米」・・・被害が拡大しています。

日本酒に限らず、和菓子に焼酎、
皆、心を込めて真剣に造ったものであるはずなのに、
その原料そのものが汚染されていたなんて・・・。

美味しいものを、と一所懸命に
知らずにそれを使って酒やお菓子を造ってしまっていた
生産者のショック、
そして、そのメーカーを信用して
知らずにそれを口にしてしまっていたショック、
この憤りはどこへ持って行ったらよいのでしょう。

私たち北島酒造は、
その問題とされている会社とは一切取り引きはありません。
使用している原料米はすべて、
滋賀県酒造組合を通しているもの、
(この酒造組合でも、一切事故米はないとの証明を頂いています。)
または、草津市で直接に契約栽培して作って頂いている有機米です。

「信じる」ということがこんなにも難しい世の中に
なってきたのは、とても悲しいことです。
人間にとって一番基本であるはずの「食」の安心、安全は
どこへ行ったのでしょうか?

2008年9月11日 (木)

9月の大掃除

 ← 外にあふれる物・もの・モノ・・・
                              (北島酒造 事務所前)


9月はヒマです。

どんな業界にも多忙期、閑散期はあるでしょうが。

お中元や帰省土産のシーズンも過ぎ、
かと言って、次の仕込みまでもう少し余裕があるこの9月。

まあ今月中に、とは予定していたのですが、
「ビン詰めは?」
「今日は無し!」
「お天気は?」   
「最高に良し!」
ということで、いきなりですが、昨日、大掃除となりました。

(酒造業界にとって、年末は一番の多忙期なので
とても大掃除どころではないのです。)

昨日来られたお客様、
バタバタしててすみませんでした。
「何やってんねやろ?」と思わはったことでしょう。

おかげで今朝の事務所はスッキリ。
キレイになって心新たにお仕事です。

2008年9月10日 (水)

試飲販売のお知らせ

 ← 岡山の親戚が送ってくれたブドウ
                          「桃太郎」という品種だそうです。
                          緑のブドウ(マスカット)が大好物な私。
                          いっただっきまーす!              



またまた試飲販売です。

9月12日(金)~15日(月) 阪急百貨店 千里店 様
9月18日(木)~24日(水) 近鉄百貨店 上本町店様

お近くへお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

2008年9月 7日 (日)

お留守番



本日、主人は出掛けております。

「 琵琶湖モード  純米 燗酒劇場 」。

大津プリンスホテルで行われている
燗酒に特化したお酒イベントです  bottle

チケットが早々と売り切れたこのイベント、
主人は私に「プレミアム・チケットやー。」
などと言っておりました。 

燗酒に興味を持って下さっている方が
こんなに沢山いらっしゃるなんて、
嬉しいですね。

日本酒が恋しくなる季節、
秋はお酒のイベントが目白押しです。
(「冬は仕込みが忙しいのでそれどころではない」
 というのが本音かも・・・。)

いいなあ、私も行きたい・・・。

2008年9月 6日 (土)

本日はお日柄も良く・・・

← 3年前まで来て下さっていた
                      兵庫県 香住の蔵人さんから
                      美味しそうな梨が届きました。
                      ありがとうございます!
                      皆で分けさせて頂きます。


今日は朝から娘の園の「愛園作業」。
・・・ という名の「清掃奉仕作業」。
・・・ というか「畑仕事」 coldsweats01

生まれも育ちも田舎の私ですが、
実家は商店街の真ん中。
周りに田畑はありませんでした。

先生に、「さつまいもだけ残して、他のつるは全部刈ってくださーい!」
と言われても、まさに「分け入っても分け入っても草」(←種田山頭火っぽく)
の世界、つるだらけで、どれが何やらさっぱり・・・。
時々、時期的にもう育つことのない
カワイイ赤ちゃんかぼちゃや赤ちゃんスイカが出てきて、
あ、これが違うつるなのね・・・て感じ。

当然クワなど持ったこともなく・・・。
明日は絶対筋肉痛だー bearing
いや、年齢的には明後日あたりか?

写真の梨は、冬の間お酒の仕込みをして下さっていた
蔵人さんが、春夏の間、作っていらっしゃるもの。

いやー、農業をしてる人ってすごい!
今さらですが。
しかも、もうしっかり70を越えたそのお歳で。

ご近所の方からよく、ご自分で育てられた無農薬のお野菜を
頂いたりしますが、頭では分かっていたつもりでも
こんな苦労があったんですよね・・・。
私なんて、午前中だけでこんなにバテてるのに。
小さいうちから畑に触れさせてもらえる娘は幸せだ・・・。

幻となっていた酒米「渡船」を復活させて下さった、
農家のSさんの「本っ当に大変やったんやで。」のお言葉。
頭が下がります。

仕込みの季節ももうすぐ。
このご苦労が一発で吹っ飛ぶくらいの
美味しいお酒、造ってもらいましょう! 
十四代目、頑張れよ! (造るの私じゃないもん。)

2008年9月 2日 (火)

おへそ、ある?

← 9月1日発売! 
                          「純米吟醸 ひやおろし 完熟」
                          数量限定です。よろしくお願いします。     



お天気も嵐 rain 、政界も嵐 thunder ・・・。
どうなってるんでしょう。

「ゲリラ豪雨」なんて言葉、
去年までは聞いたこともなかったのに、
今年は全国各地、大変なことになってます。

園へ娘をお迎えに行くと、次女が
Tシャツの裾をズボンにすっぽり入れ込んだ
なんとももっさい格好で現れました。

「なんでそんな格好してんの?」と聞くと、
「だってー、雷さんにおへそ獲られるもん。」
そう答える本人はいたって真剣です。

そのうち「サンタさんなんていないもん!」
とか言うようになるんやろな・・・。

いつもは小生意気な娘が
ちょっとかわいく見えた午後でした。

   

2008年9月 1日 (月)

試飲販売あれこれ

お昼のしばらくの間だけ、

京都大丸さんのお酒売場で試飲販売のお手伝い。

いや、邪魔してるだけ・・・?


行き交う大勢の方にアピール、というのはとても難しいですね。

慣れていないのもありますが。


今日も、試飲コーナーから少し離れた所で

ずっと立っていらっしゃる男性がいました。

私はてっきり奥様と待ち合わせでもされているのかと思い、

(お酒売場って、なぜかどこの百貨店も出入り口付近にあるので

待ち合わせ場所に使われることが多いようです。)

あえてしつこく声を掛けなかったのですが、

おもむろに近寄って来られたかと思うと、

「もっと元気よう声出さんと売れへんぞ。」

と、お叱りを受けてしまいました。

スミマセン・・・ despair


ここへお嫁に来るまでは、気にも留めたことありませんでしたが、

試飲コーナーに立っている、普通のエプロンをしめた方は

大体が百貨店の店員さんだったり、試飲販売や試食販売のために

特別に派遣されている方(通称マネキンさん)だったりします。

そして蔵の名前の入ったハッピを着ているのが、

直接蔵から来た人間です。


うちは弱小なので、ほとんど地元関西圏でしか

試飲販売をすることはないのですが、

大手さんと一緒になったりするとおもしろい話が聞けます。

「いやー、今朝、飛行機で北海道から来ました。その前は東北で・・・。」とか。

すごいなー。うちじゃ考えられないわ。


最近なんとなく、百貨店さんそれぞれにあるカラーが

感じられるようになってきました。

とても気さくで親切な方が多いですね。

本当に感謝です confident


それにしても、百貨店のような流通販売業って未知の世界です。

ワガママが言えるなら、私たちのお酒を売って下さる

小売店さんや百貨店さんで修行してみたい・・・。と言ったら、

「あほか gawk 」 と即却下されてしまいました。


大丸さん、明日で終わりです。

お近くへお越しの際には是非お立ち寄りください。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31