無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月28日 (木)

言い訳

主人が言いました。


「おまえ・・・、ちょっと・・・、この写真どうにかならへんか?」


はい、このブログの写真のことです。


私は「超」が10個ぐらい付きそうなほどの機械オンチ。

(そして 「超」が100個ぐらい(確実に)付く方向オンチ。)

                      ←というか、今どきもう「超」なんて使わないのか?


この携帯カメラphonetoで撮ってアップするのさえ結構必死です。

娘の行事などでデジカメcameraも使ったりしますが、

あまりに写りが悪く、消去せざるを得なかったり・・・。


さらに、


「おまえ・・・、やたら絵文字多ないか?」  と。


ぼちぼちアラサー (Around 30) とは

胸張って言いにくくなってきた今日この頃。

これでも頑張って若作りしてるんです。


年下の子からメールをもらったりすると、

その絵文字の多さ(しかも複雑)に驚きます。

これでも少ないくらいか、と思ってたのに・・・。


えーい、うるさい!

そんなに文句があるなら自分で書いてみろー pout


読んで下さってる皆様、

キレイな写真、見やすいブログ目指して

頑張ります。

なので、もうしばらく(←いつまで?)辛抱してお付き合い下さい。


2008年8月27日 (水)

お知らせ三連発

 ←高島屋京都店にて
              (9月26日終了いたしました。有難うございました。)
              写っているのは蝶ネクタイがトレードマークの田村さん


① 本日より9月2日まで大丸京都店さんで試飲販売をしております。

② 秋と言えば「ひやおろし」。

  9月5日(金)~7日(日)
  草津近鉄百貨店さんで
  「ひやおろし」の量り売り をいたします。

  ひやかし歓迎!
  この機会にどうぞお味見だけでもしてみて下さい。
  お口に合うかどうかは、とにかく一度飲んでみないことには
  分かりませんから。

③ 9月14日(日)
  大津プリンスホテルで、「滋賀県きき酒王決定戦」 が開催されます。
  参加料 3,000円
  午後1時30分受付    午後2時競技開始

  滋賀県酒造組合、または当蔵でもお申し込みを受け付けております。
  利き酒に自信あり!な方、ちょっと試しに利き酒してみたい方、
  たくさんのご参加をお待ちしております。 (申し込み締切 9月4日)

  滋賀県酒造組合
  〒520-0044  大津市京町3-4-22
  滋賀会館 二階
  TEL 077-522-3070
  FAX 077-522-3185

2008年8月23日 (土)

これもまた同じ米

昨日、「今年の近江米、初出荷」のニュースが・・・。
新米おいしそーriceball、てことは、いよいよ仕込みが始まるーcatface

                                             ↑  これは娘の園で育てている稲。
                                                  こんなに大きくなりました。




先日、県内のある蔵元さんの「純米吟醸 渡船」を飲みました。

ビックリ!!

うちのと全然違う!
同じ酒米「渡船」なのに。

洋ナシというよりは、和の梨に近い香り。
その控えめな香りからの予想を心地よく裏切る強い味わい。
口の中でキラキラと輝きはじけるような甘さは
ドランブイ(スコッチとはちみつのリキュール)を彷彿とさせます。
鼻を通った時の感覚はブランデーのよう。
クリームチーズが合いそう!
と思ったけれどあいにく無かったので、
おかきと合わせるとウイスキーを飲んだ時のような後味に。
カマンベールチーズを合わせると
ディタ(ライチのリキュール)を使ったカクテルのような余韻に。

「ワインのような日本酒」なんて表現はワリカシありますが、
アルコール度数がそれほど高いわけでもないのに
醸造酒よりむしろ蒸留酒に似た風味があります。

んー、ワタシ的には、おつまみ無しでこのまま楽しみたい・・・。
もともと洋酒のお仕事をしていた私は大好きです、こういうお酒。


自慢じゃないですが
滋賀県で一番最初にこの幻の酒米「渡船」に挑戦したのはうちです。

今はいくつかの蔵元さんが造っておられますが、
同じ「渡船」で、こんなに違うお酒ができるなんて!

決してうちのがマズイわけではありません。
          そこんところ、誤解の無いよーに!

そもそもの目指している方向が違うんでしょうね。
蔵の味、そのものの違いもありますし。

いろんな「渡船」があって
日本酒っておもしろいなー、と心からしみじみ・・・。

ちなみにうちの今年の「純米 渡船」主人の自信作
寝かせて寝かせて美味しくなる酒「渡船」、

ぜひ一度飲んでー! です。

2008年8月20日 (水)

いとしの太一くん

どういう訳か昔から非常に渋好みなワタシ。

皆が「光ゲンジ」だ、「SMAP」だと (← 歳バレる gawk

キャーキャー言ってた頃、私がはまっていたのは

トム・ハンクスにユン・ピョウ、坂本龍一に萩原健一 ・・・。


そんな私が初めて心を射抜かれた、十代のオトコ(の子?)・・・            

                 shine早乙女 太一shine


今をときめく大衆演劇界のプリンス

百年に一度の天才女形と言われているです。


今まではなかなか良い座席に巡り会えず、

豆粒のようにしか見えませんでした。

舞台「トゥーランドット」の時なんかは、安物のオペラグラス使っても

豆粒がいちご粒になった程度・・・sweat02


しかし今日は違います!

場所は由緒格式ある祇園甲部歌舞練場!

なんてったって3列目! しかも真ん中!

着物の柄も、役者さんの汗の粒sweat01さえもはっきり見えました eye


ああ、シ・ア・ワ・セ heart04


太一くんの舞姿が美しいのはもちろんなのですが、

バックに映るその影までがなんと艶っぽいこと!

ですよ、


自分が女であることが恥ずかしくすらなってくる・・・ wobbly

あー、あの色気の1/100でも私にあったなら

私の人生変わってたんじゃなかろうか・・・(←どう変わるんだ?)


今回はほとんど女形の舞踊でしたが、

殺陣や剣舞も大好きです。もっと立ち役見たいなあ。


太一くんが20歳になった時、うちのお酒飲んでくれないかしら、なんて

今日は幸せな妄想に抱かれて、お休みなさーい sleepy

2008年8月17日 (日)

ゆるゆる滋賀

お盆の間、実家に帰省しておりました。

実家は富山県です fish 。(←お魚おいしいよ。)

と言っても、石川県との県境なので、

富山中部や東部のことはほとんど分かりません。


ここに来て思ったこと。

「もしかして滋賀県って、やたらキャラクターが多い?」


子供たちにも大人気の「ひこにゃん」(←かなりカワイイ)を筆頭に、

「うぉーたん」とか、「おおつ光くん」とか・・・。

(名前ちょっと違うかも・・・。実はうろ覚え。)


最近のヒットは「知ったかぶり カイツブリ」 (←子供がハマッテます。)



         ※かいつぶり・・・ケレケレケレと鳴く、湖などに住む茶色い鳥。

                            (↑こんな説明でいいんか?)

                     滋賀県の鳥だそうです。



何だか昔チックな、なんともゆる~いメロディーに、

誰もが一度は経験あるはずの

「滋賀の  『ああ、勘ちがい』 」みたいな歌詞。


びわ湖大橋と近江大橋、どっちがどっちだなんてとこ、

今もです、私 catface


帰省した日に「ゆるゆる富山遺産」という

柴田理恵さんの番組をやっていましたが、

この「ゆるゆる」具合、負けてないかも、滋賀県。


ちなみに私は「滋賀ッツマン」の方が、なんか好きです。

2008年8月16日 (土)

頼りにしてます、町のお酒屋さん

またまた引っ張りますが、

そもそも 『オリンピックで「北島」完売!』 なんていう

楽しいお話が聞けたのも、

町のお酒屋さんが私たちにお知らせして下さったからこそ。


一応 蔵に店を構えているとはいえ、一(いち)メーカーである為、

直接お客さまとお会い出来る機会というのはあまり無いのです。


小さな蔵なので、営業部員、なんて気の利いたものはありませんが、

配達の際や、注文用紙に隅にちょこちょこっ、で結構です。

(そもそも配達って、お酒を配るだけではなくて、

 お客様の声を拾うことが、重要な仕事だと私は思います。)


もしこのブログを見て下さっているお酒屋さんがありましたら、

どうか皆さんのお声をお聞かせ下さい。


頼りにしてます、町のお酒屋さん punch !


2008年8月15日 (金)

「ぼく担当」の謎の酒

  ←謎の酒のうしろ姿


またまたやってくれましたね、北島康介選手 happy01
名前が同じなので特別扱いしてますが、
どの競技も、どの選手も、本当に素晴らしいです。
( ↑ 分かったような言い方して、ホントは何にも分かってないけどcatface

さて前回の続き、北島選手ではなくて、お酒の「北島」です。

このお酒は、北島酒造の「御代栄」とは別ブランドとして立ち上げれたもの。
地元の皆様に愛される、今までの味を大切に守っていくのが「御代栄」。
主人本人が個人的に美味しいと思う酒を究めることに挑戦していくのが「北島」。

当初は、華美なラベルや装飾などを省き、とことんまで中身のお酒に
こだわった「質実剛健」なブランドとして位置付けていました。
(なくなった木札も、不要な方には外してその分値引きさせてもらっていました。)

今もその精神に変わりは無いのですが、
生酒よりむしろ火入れして熟成させてこそ旨くなる純米酒を目指しており、
どのお米か、どの精米歩合か、そして貯蔵温度・期間など、
毎回毎回模索中。
造ってる本人もこの状態なので、
いつ、どんなお酒が商品として出来上がってくるのか、誰も分からない・・・。

というわけで(←どんなわけだ?)このお酒は、
「何か問い合わせがあれば、僕まで」 とか
「詳しくは、僕まで」とか、いつもそんなカンジなのです。

造るのも主人、管理するのも主人、売るのも主人。
自分の名前を(あんなデカデカと)付けたお酒です。
それだけ責任があるのでしょう。
自分の分身みたいなものなのでしょうか。

私はいつも「ぼく担当の酒」と呼んでいます。

2008年8月12日 (火)

がんばれ北島!

 ←旧「北島」に付けられていた木札

                        一つ一つ手作業で焼印を押しヤスリをかけた、
                         実は結構大変なもの


良くも悪くも何かと話題の北京オリンピックがとうとう開催。

やりましたねー、北島康介選手sign03
競技のことはよく分かってないのだけど、
そんなスポーツ音痴の私でも感動です happy02

前回のアテネオリンピックの時に、
あるお酒屋さんで「北島」 が突然完売!
(そのまんまですが、こういうお酒をごく少数造っています。)
という話をHPの蔵だよりで書いたことがありますが、
あれからもう4年経ったなんて・・・。

あの時は、「北島」を飲みながら北島康介選手を応援したらしい、
とのお酒屋さんの話だったのですが、
今年も「北島」片手に応援して下さった方、
どこかにいらっしゃるのでしょうか・・・。

オリンピックが始まる少し前、「北島」の木札に
大きく 『金』 て入れようか、とか、  shine
ラベルに『祝・金メダル』て入れようか、とか冗談で色々言ってましたが。

ハイ、そんな便乗はいたしません。残念ながらcoldsweats01
ていうか、「北島」の木札、もうなくなっちゃったしー。

                 ↑ 最初の頃の「質実剛健」路線から少し変更になった為、
                        ラベルも今はモデルチェンジしてるのです。

今晩にはまた200メートル予選があるとか。
よし、応援だー!

でも待てよ。
昨日の競技は確か真っ昼間。
昼間にお酒飲んで応援って、それはないか・・・。
そういえば、アテネの時は何時頃やったんやろな・・・。

2008年8月11日 (月)

夏季休業のお知らせ

  8月14日(木)~17日(日)を

  お盆休みとさせて頂きます。

  どうぞよろしくお願いいたします。

2008年8月 9日 (土)

8月の試飲販売情報

今月は百貨店さんでの試飲販売の予定がたくさん入っています。


8月15日(金)~17日(日)   阪急 川西店さま

8月20日(水)~26日(火)   高島屋 京都店さま

8月27日(水)~9月2日(火)  大丸 京都店さま


入るのはもちろんうちの従業員さん。

ハッピ姿にはちょっと珍しい蝶ネクタイribbonが目印の、田村さんという人です。

この田村さん、お酒だけではなく本のことも、

ものすごーく詳しいのです。


普段は置かせて頂いていないお酒も色々持って行きます。

機会がありましたら、ぜひぜひお立ち寄りくださいね wink

2008年8月 8日 (金)

おいしくなーれ 

   
ずらりと並んだ原酒
                 熟成具合をチェック


今日、お酒造りで主人がいつもお世話になっている方と、
ある蔵の杜氏さんが来られました。

何があるのかな・・・と思っていると
お酒の熟度を見るために
ちょっとした呑み切りを行っていたよう・・・。

「どうやった?」と聞くと、
とても良い熟成をしていてひと安心confident、とのこと。
中でも「渡船」の18BY (Brewery Year ・・・
平成18年7月1日~19年6月30日の18酒造年度という意味です。)
と19BYのものが『とてもうまく化けた』ということです。

20BYの造りからは、何やら新しい事にも挑戦するらしい主人・・・
進化を遂げる北島酒造、先が楽しみです。

2008年8月 5日 (火)

蔵の図書館

 ← ハーイ! おねえさんだよー note


毎月上旬は税務署へ提出する書類を仕上げます。
(お酒は国税局管轄なのです。)
タンクから何リッターをビンに詰めて、何リッターを出荷したとかそういうヤツです。

この暑い中数字を見ていても、
そうでなくても鈍い頭はなかなか稼動せず、全然はかどりません。

そこへ主人のひと言。
「蔵、涼しいぞsnow。」

そうだった。
夏でもひんやり涼しい蔵 (冬は寒い)。
そこで頑張ろう。

目を付けたのは、蔵の端にある普段は使っていない応接間。
だーれもいないので、静かではかどります。
まるで夏の終わりに(宿題が出来てなくてあせって)通った図書館のようです。


そういえばこの間の日曜、外があんまり暑いからか
主人が子供たちを蔵探検させていました。

一応神聖な「蔵」ですから、むやみに人を入れることはありません。
子供たちも、花火を見るための屋上以外は足を踏み入れるのは初めて。
「たーんけん、たんけん notes 」とはしゃぐ子供たち。

夏の間はカラッポの蔵。
だだっぴろいそこをなぜかステージに見立て、
歌のお姉さんのまねをして、いきなりコンサートを始める長女。
「コラコラコラ・・・、ここは遊ぶ所ではありません coldsweats02
気持ちは分からないでもないけど・・・ね。

2008年8月 2日 (土)

花火大会、さらに再び



花火の轟音に耳をふさぐ長女
だんなが着ているのは、湖南市商工会の赤Tシャツ



しつこいですが、花火大会ネタ。
今日は地元、甲西の夏まつり。

せっかくすぐ近くで花火大会があるのに、
超ビビリの長女は、ひたすら怖がって見に行くのを嫌がる。
ので、毎年蔵の屋上から哀しく見ていました  despair

、今年はどういう訳か、 「ひーちゃん、見に行ってみたい!」 と。
おー、成長したねえ。 (やっと間近で花火が見れる shine

主人は地域の商工会に所属しているため、
仕事を午前で切り上げ、昼からずっと祭りの準備。
夕方、お店を閉めて会場へ子供たちを連れて行くと、
皆さん汗だくで頑張っておられました。ご苦労さまです。
(主人は金魚すくい屋さんでした search  )

そして待ちに待った花火。

どこで覚えたのか長女は、「たーまやー、かーぎやー」と。
それをマネして次女が、「たーんまやー」。
(どう聞いても「丹波屋」としか聞こえない・・・sweat02 おはぎ屋かっjapanesetea

でもやっぱり花火はこうでないと!
あの音、あの振動、あの迫力、たまりませんねー annoy
ちょっとだけ成長してくれた娘のおかげで、
例年不完全燃焼だったお祭り好きの私の血が、
少ーし納まったのでした。

2008年8月 1日 (金)

マイ パワースポット (ホントは内緒なんだけどね・・・)



貴船神社  中宮へ続く石段


とうとう8月ですね。
7月最後の日の昨日、京都の貴船神社へお参りに行ってきました。

大学での4年間と、その後のお勤め時代を京都で過ごした私。
その大好きな京都の中でも一番特別な場所が、京の奥座敷 貴船です。

学生時代、初めて貴船を訪れた時の感動は今でも覚えています。
いかにも「〇曜サスペンス劇場」の逢引のシーンに出てきそうな
何とも言えないあの雰囲気、
ほのかに灯る石段の燈籠の妖しさと言ったら・・・。(←どんな感動やっcoldsweats01

中でもお気に入りは、有名な本殿でも奥宮でもなく、
「結社 (ゆいのやしろ) 」と呼ばれる中宮です。

ただ大きな岩 (←イエイエ、とっても由緒ある岩なんですが) が
ゴロンとあるだけの小さな場所なんですが、ここへ来ると、
「ああ、息ができる!」と思わず深呼吸したくなります。
(これも温暖化の影響か、以前ほどマイナスイオンは感じにくいのですが・・・。)
私にとってのパワースポット (エネルギーをくれる場所) なんですね。
(静かに浸りたい方は、川床の夏や、紅葉の秋のシーズンを
外すことをオススメします。)

ほぼ毎年参拝しているので、
本殿が数年前に新しくなったのは知っていました。

が、中宮まで何だか綺麗なお社が建っていて、
以前はうっそうと生い茂っていて日中でも薄暗かったのが、
所々木々が整理され、どことなく明るい・・・。
うーん、私は前の方が好きだなあ・・・gawk。(←バチアタリっ)

って、観光で遊びに行ったのではありません。
ご祈祷です。 ご・き・と・う!

水神さまを祀る貴船神社(縁結びも有名だけどね)。
まさかその頃にはこんな所に嫁ぐとは思ってもいませんでしたが、
水とは深ーい縁のあるお酒のお仕事です。
しっかり「水恩感謝」のご祈祷をして頂きました。
おいしいお酒、できますよーに confident

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31