無料ブログはココログ

ブログランキング

トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

開かずの扉



↑お華のお稽古であまったトルコ桔梗
 ごちゃごちゃ豪華に活けるより、この方がスッキリといいかも・・・


昨日、お父様のお誕生日お祝いに、とご来店下さったお客様。

2歳になったばかりというお子様をお連れの

とても感じの良いご夫婦でした。


そのお客様が、「NHKの連ドラtvに出てきそうな雰囲気のお店ですね。」

と、おっしゃって下さいました。

全然出たことありませんけどcoldsweats01  ・・・でも何だか嬉しいですね。



京都に一人暮らししていた頃、

すぐ近所に、いつも扉が閉まっている綺麗な建物が一軒ありました。

一体何屋さんだろう・・・?と常々気になっていたのですが、

ある時何かの雑誌に、老舗の和菓子屋さん、と

紹介されているのを見つけました。

しかもその記事の下には小さく 「要予約」 、と。



一見、普通の家にも見える、しかし、

いかにも「一見(いちげん)さんお断り」風の『開かずの扉』。

気にはなるけど、予約を入れてまでその扉を開けたことは

結局ありませんでした。



時々心配になります

うちの扉もほとんど閉めたっきり door

たまに開いてても大きなのれんであんまり見えない。

『開かずの扉』なんて思われて、怖がられたりしてないだろうか・・・coldsweats02


そう思っていたアナタsign03

どうか勇気を出して開けてみて下さい。

ドラマに出てきそうな(?)お店に、いつもにこやかなスタッフがお待ちしていまーすhappy01

2008年7月26日 (土)

花火大会再び

野洲川の花火大会から一週間。

夕食の後片付けをしようか・・・と、思ったその時!

「どどど~ん!!」という音が。

時計を見るとちょうど8時。

お、今日もどこかで花火大会だ! と思って蔵の屋上へひとっ走りdash

すると、先週とは反対の方角にしっかり花火がbomb  きれーannoy


遊びに来ていた従姉妹なんかも呼んで、皆でちょっとした花火大会。

しかも別の方角にももう一つ、花火らしい光と煙が・・・。

こちらはよほど遠い所なのか、山に隠れているからなのか、

花火そのものは全く見えませんでしたが・・・。


田舎の住宅街に、ぽつんとある酒蔵。

おかげで遮るものが何にもなく、よーく見えますeye

長女が「お酒屋さんて便利ねー。ひーちゃん、お酒屋さんで良かったー。」と。

いや・・・、そんなことで喜ばれても・・・ coldsweats01


クライマックスの頃には、ご近所さんも集まってきて、

子供は興奮して、花火も見ずにお祭り騒ぎsweat02


来週は地元、甲西の花火大会です。こちらは近い分、しっかり大きく見えます。

花火観覧席、作っておこうかな・・・。

2008年7月24日 (木)

・・・生きてる?

大阪に来てます。

家へのお土産に、阪急さんでバームクーヘンを買いました。

ここには、一つ苦~い思い出が・・・。


先日、この阪急さんで試飲販売があった時のこと。

若いサラリーマン風の男性が、

うちの「純米にごり うま酒」 に興味を示して下さいました。

そして頂いたご質問・・・「このにごり酒は生きてますか?」。

私は自信を持って「はい!」と元気に言ってしまったのですが、

何となく不安になって帰宅後主人に聞いてみると、

「んなわけないやんgawk」と、ひと言。

うああ、お客様にウソをついてしまったー!sweat01

だってだって、家できき酒してたのは、シュワシュワピチピチしてたやーん。

と言うと、「それは家やし。」 と主人。


何でも、純米のにごり酒を完全に生きた状態のまま

ビン詰めして商品化するのは、とても難しいことだそう。

時々見かける、栓に穴が開けられたりして売られている「にごり」は、

ほとんどが醸造アルコールを添加して、

強すぎる酵母の勢いを弱めたものだそうです。←だから、純米とは言えないのね。

ということで、結論、このお酒の酵母は生きていません、はい。 


普段まーったく意識したことありませんが、

家が蔵っていうのは、普通飲めないものが飲めるという、

とっても贅沢な環境なのだな、と変なところで感心。

お客様、本当にごめんなさい

奇跡でも起きてこのブログがそのお客様の目に留まって、

真実を知って頂けたら、と思います。

大きく反省down

2008年7月23日 (水)

私の足、きたない・・・

子供ができてからは、なりふり構ってられないので、

普段はほとんどジーンズ。

でも、こう暑いとジーパンなんてはいてられません。

そこで、ひざ丈のパンツやスカートはくのですが、

あ・あ・あ、なんて汚い足sweat02


先月、京都の伊勢丹さんで試飲販売があった時、

京都駅のエスカレーターをぼんやり降りていたら、

何が起きたのか ずるるっ! と落ちてしまった私。

幸いもうほとんど下の方だったので、

3~4段落ちただけ済んだのですが

足、血だらけ・・・shock


バンソーコー何枚も貼って、血のにじんだストッキング替えて

「転んだなんて知らないわ」って涼しい顔して(?)一日頑張ったのですが、

もうひと月経つのに、まだ痕が消えない・・・。

あー、どんくさい・・・。

2008年7月21日 (月)

父の愛に感謝!でもメタボはダメよ


      「純米渡船」と「梅酒」


実家(北陸です)の父からお中元に使うお酒の注文がありました。
以前は近所のギフトショップでお中元を用意していた父。
私がここへ嫁いでからは、
もっぱらうちのお酒を使ってくれるようになりました。
(ギフト屋のおばちゃん、ごめんなさいsweat02
それも、「どこにこんなに配るんや?」というほどの量。
いやー、有難いことです。
こんなに宣伝(?)してもらっちゃって。

聞けば、北島の義母が結婚した時もそうだったとか。
いつの時代も、どこのお父さんも同じなのね・・・。

そんな父の最近のお気に入りが
「純米渡船」と「御代栄 梅酒」 。

「渡船」は、幻の米と言われた酒米で、山田錦の親品種。
華やかさや、どぎついインパクトはないけれど、
とても素朴で飲み飽きしないのがポイント。
お酒だけで飲むと、「ふーん」て感じなのですが、
お食事と合わせると大変身!
晩ごはんが美味しくなりますよー。
燗もオススメbottle
↑でもこれは今年の話。
とても扱いの難しい米らしく、来年はどんな味になるのか分かりませんcoldsweats01

「梅酒」はうちの「しぼったそのまま一番酒」で仕込んだもの。
個人的にはうちのお酒の中で一番好きかも・・・(って日本酒じゃないんかいっ!)
500mlビンという、このサイズがちょうどいいんですねー。
冷蔵庫で冷たく冷やしてそのままストレートでそうぞ。
もらってくれた方が喜んで下さると嬉しいでーす!

2008年7月19日 (土)

夏到来!

  ←これ、何か分かりますか?

蔵の屋上から見たどこかの花火大会。
この季節になると、毎週末どこからか「ドーン!」という
音がして、その花火大会の開催地や風向きなどによっては
うちの蔵から見えたりするのです。
今年は今日が初。


そして今日は、子供の園の夕涼み会。
心配していた長女の「おたふく風邪pout
運良く3日で治り、ギリギリ参加できました。
全然「夕涼み」などとは言えない、
うだるような暑さの中ではしゃぎまわる子供。
帰る頃には浴衣ははだけ、髪はボサボサ。
しかも疲れた次女はぐずりだし、
暴れたあげく浴衣の袖がビリッ・・・coldsweats02
これもまた夏の一日ということで・・・。

2008年7月16日 (水)

はーあ・・・

上の子が突然発熱spa

病院へ行くと何と「おたふく風邪」!

一週間の外出禁止令が下されてしまいました。


はーあ、なんてこったいgawk

子供って、どういう訳か大切な予定のある時に限って、

狙ったように熱出したりするんですよね。


実は明日、ある酒蔵さんを訪問する予定だったのに・・・。

もちろんキャンセル。

楽しみにしていた週末の園の夕涼み会も×。

せっかく昨日、皆の浴衣出したのに。


今日から一週間、子供と共にカゴの鳥ですweep

2008年7月15日 (火)

改めまして、はじめまして

お待たせいたしました! (←誰も待ってない?)

北島酒造の「季節だより」、

中断して数ヶ月経ってしまいましたが、

ここにパワーアップupwardright (いや、ダウンかもdownwardrightして

再登場ですhappy02



新しいお酒bottleの情報はもちろん、

日々思うことなどを

ちまちま綴っていきたいなと思っています。

どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いします。

トップページ | 2008年8月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31